2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

らーめん工房 赤まる 那覇店:まぜそば

 【28//2015】

期間限定メニューの冷しまぜそばの提供が開始されたとの事で訪問。
訪問時刻は13時前で先客はなし、ちょうど間の時間だったかな。
店内入って券売機を確認するとランプが付いていて売り切れ扱い…
しかたないので通常のまぜそばのボタンをポチります。
空いているカウンター席に着席して食券を提示。
冷やしまぜそばについて聞いた所、仕入れが不安定なので今日はないとの事。
食券提示からおよそ5分程度で到着、見た目は比較的シンプルなまぜそばですね。

20150628.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはしっかりと混ぜまーす。
麺を啜ると最初に豚骨のこってりとした旨味を感じ、醤油の塩気に酢の酸味と来て最後に魚粉の魚介感が追従する展開。
豚感に関しては豚骨出汁も使われてるが、油分が多い感じで背脂を多めに使って出している感じですね。
醤油は風味の豊かなタイプで塩気は比較的円やかな系統、しっかりと香りと塩気が麺に乗るので○
魚粉は見た目的にはそこまで量は多くない感じなんですが、しっかりと魚介感が出ていて非常に効果的。
塩分濃度はほんの少し高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは特に感じられませんね。

20150628-2.jpg

麺はこちらの特徴でもある沖縄そば用の麺ですね、適度なモチ感としっかりとしたコシが感じられますね。
タレとの絡みは良好、背脂を多めに使っているからか脂がしっかりと麺に絡むのでタレの持ち上げは抜群。


具材はもやし、キャベツ、ホウレン草の野菜類、メンマ、刻み海苔、チャーシュー、ネギの構成。
もやしとキャベツはオーバーボイル気味でシャキシャキ感は少し弱めだが、まぜそばの場合はこの程度が逆に良いか。
水気はあるがタレを過剰に薄める感じはなく悪くない、タレ自体との相性もかなり良好。
ホウレン草は青味の提供に貢献、こちらも比較的クタ寄りで茎部分でもシャキシャキ感は弱めかな。
タレとの相性は良好で美味いのだが、このメニューに必須な具材か?と問われるとどちらでも良いって感じかな。
メンマは幅がやや広めで薄めの物、コリコリ感は少し弱めで存在感はそこまで強くない感じ。
ちょっと甘めの味付けだが嫌味はなく適度なのでありかな、個人的にはもう少し食感があれば嬉しいが充分及第点。
海苔は粗めの刻みでパリパリ感良好、汁なしには混ぜやすい刻みが合っていますし海苔の香りもしっかり感じられ◎
チャーシューはサイコロ状にカットされた炙りのバラチャー、脂身がやや多いが炙りでトロけていて美味い。
味付けはしっかり目だが濃すぎではないですね、投入量も比較的多いので満足感がありますね。
ネギは白で投入量多め、シャキシャキ感良好で辛味も適度に出ていて薬味としてちゃんと機能していますね。


麺量はおよそ200g程度ですかね、一軒目なので量的には全く苦もなく5分少々で完食。
総評としてはシンプルで比較的オーソドックスなまぜそばだが、完成度はなかなか高く満足出来るレベル。
背脂多めでスープコストはそこまで掛かってない気もするが、その分は具材の多さで還元されている感じで良いですね。
背脂が多いので麺との絡みが良好で魚粉のアクセントもよく効いていて、まぜそばのポイントは上手く抑えてますね。
元々は冷やし目的だったはずですが、いつの間にかそれも忘れて楽しませていただきましたわ。
冷やしに関しては近々また那覇に行く用事があるのでその時に狙うとしましょう。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 汁なし 醤油 赤まる 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。