2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

めんらく亭 琉大東口店:旨辛味噌油そば

 【03//2015】

麺処 鍵にて素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
新メニューである辛味噌の提供が開始されているとの事なので訪問。
訪問時刻は14時半前で先客は2名、ピークは過ぎた感じですね。
券売機にて表題の食券を購入し着席、食券を提示して到着を待ちます。
店員さんは一人体制ですが仕事は効率的で無駄がなく提供も早いですね。
食券提示からおよそ5分しない程度で到着、見た目はそこまで辛くはなさそう。
まぁ具材で隠れてますから、見た目的が辛くなさそうなのは当然かw
それではいつも通り写真を撮影、汁なしなのでしっかり混ぜてからいただきます。

20150703.jpg

麺を啜ると味噌の塩気としっかりとした辛さが舌に乗ってきて、最後に胡麻の香りが鼻から抜ける展開。
味噌は色合い的には少し赤寄りかな、味噌感はそこまで強くはないですね。
辛味は強めで許容範囲ギリギリかな、ただ擦り胡麻と刻み玉ネギの甘さが上手く抑えてくれます。
麺を啜るとちょっと咽そうになる感じと言えば辛いのが伝わるかな。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で味噌系らしく良好、塩気の尖りは感じられませんね。

20150703-2.jpg

麺は多加水の中細ストレート麺、モチモチ感の強い麺で個人的には結構好きかな。
タレとの絡みは比較的良好、しっかりと麺に絡み付いてきて麺とタレとのバランスも悪くない。
少し気になるのは麺がねっとりとしててくっつきやすい感じで混ぜ難い点かなぁ。
以前も気にはなったが前回は液体の醤油だったので、そこまで問題にはならなかったんですけどね。
今回は味噌ダレなので液体の醤油とは違うので麺の個性と合わさって非常に目立ってしまいますね。


具材は刻み海苔、メンマ、チャーシュー、刻み玉ネギ、擦り胡麻、ネギの構成。
混ぜる工程のある汁なしなので刻み海苔は良いですね、タレに負けずに海苔の香りもしっかりと感じられます。
パリパリ感は混ぜる前はあると思うんですが、タレと合わさるとベトっとしてしまうので感じられずw
メンマは細長いカットの物でコリコリ感良好、投入量は多めで食感を楽しめて良いですね。
味付けはプレーンな感じでメンマの風味を活かした作りで個人的には結構好きですね。
チャーシューはバラロールが2枚、保温器で温められているのか脂が柔らかくなっているのは良いですね。
味付けは薄めで良好、箸で簡単に裂ける程度に柔らかく仕上がっていますね。
刻み玉ネギは擦り胡麻に隠れていますが投入量は多め、甘味が強いタイプでシャキシャキとした食感が良好。
擦り胡麻は前途の通り辛味の緩衝材として機能、香りも良く意外と重要な役割をこなしてますね。
ネギは青で投入量少し多め、青ネギらしい香りが鼻から抜けて爽やかさを演出してくれますね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的にはさほど苦もなく5分程度で完食。
総評としてはしっかりと辛味の効いた一杯、前回の醤油同様に奇抜さはないですが王道の作りという感じ。
個人的には混ぜ難い点が気になってしまうものの、味単体としては醤油よりも好みかな。
もう少し辛味が控え目で混ぜやすい一杯として提供されるとかなり個人評価は上がる印象。
チェーン店なので新メニューもそんなに出ない印象ですが次の機会があれば良いですね。

採点的には78点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:中城村

Tags : 沖縄 中城 汁なし 味噌 めんらく亭 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する