2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

らーめん 名嘉商店:濃口醤油ラーメン 全部乗せ

 【13//2015】

武蔵家 沖縄本店にて一杯いただいた後に連食訪問。
こちらも前回臨休で振られている店舗なのでリベンジです。
訪問時刻は13時前で店内は既に9割埋まっており大盛況。
空いているカウンター席に案内され着席、表題を口頭にて注文。
新店なので店内は綺麗ですね、オペもなかなか良好かな。
口頭注文からおよそ5分程で到着、見た目は中華そば しば田ビジュアル。
BMに入れてるけど訪問出来てないので味の比較みたいなのは出来ませんけどね。

20150713.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
鶏豚混合の動物系清湯出汁をベースに旨味の強い濃口醤油の塩気や風味などが追従する展開のシャバ系。
魚介っぽい出汁感は感じられなかったが使われてるんかな、そこらへんはハッキリしない。
醤油がかなり芳醇で醤油自体の旨味が強く、出汁感としっかり張り合ってるので逆に出汁の感知が難しいのよね。
使用している醤油は瓶が目の前にあったので簡単に確認出来ましたね、角長の手作り湯浅醤油でしたね。
見た目こそ濃いが塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りも全然感じられませんね。
OPEN直後に訪問した人は少し尖ってると言ってたので、日々試行錯誤しているんでしょうね。

20150713-2.jpg

麺は加水率低めの細ストレート麺、適度なコシとプツンと切れる感じの歯切れの良さが特徴ですね。
スープとの絡みは非常に良好、加水率の低い麺にスープが吸われて麺とよく馴染んでいる印象。


具材は玉子、海苔3枚、メンマ、ロースチャーシュー3枚、薬味に青と白のネギの構成。
玉子はほぼ完熟といった感じの黄身の固まり具合で味付けはプレーン、個人的にはもう少し半熟の方が好み。
海苔はパリパリ感は普通ですが繊維が強固でスープを吸っても柔らかくなるだけで崩れる気配皆無。
海苔の香りは強く醤油の香りと合わさって良いですね、このラーメンに良く合っていて非常に好感触。
メンマは少し厚みのある物でコリコリ感良好、味付けはプレーンでメンマ自体の味を楽しめるタイプで○
チャーシューは脂身ほぼ無しで肉自体の弾力や繊維を強く感じるロース、噛む事で肉の旨味が流れ出てきます。
味付けはプレーンで肉自体の旨味主体、脂身がないので少し硬いがパッサパサだったり切れないという事はない。
ネギは青と白の両方を使い、青ネギは色味の提供に貢献、ただ香りはそこまで強くないかなぁ。
白はシャキシャキとした食感と軽い辛味を提供、スープとの相性は白の方が良い印象。


麺量はおよそ180g程度ですかね、二軒目で特に苦はなかったですがじっくり味わって8分ほどで完食。
総評としてはどこか懐かしさを感じさせる見た目とは裏腹に洗練されたモダンさな一杯。
見た目の色合いだけでなく旨味や風味といった醤油の個性が活かされていますね。
沖縄にはこういう系統のTHE・醤油ラーメンを出している所はないので、ようやく来たかという感じですね。
ラーメンの出来の良さから考えるとつけ麺の出来も期待出来そうですし、なるべく早めに次の訪問を予定したい。
以前からBMに入れてる中華そば しば田も次の東京遠征の機会があれば狙いたくなりました。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 醤油 名嘉商店 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。