2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

らあめん 波蔵:夏季限定 冷やし担々麺

 【16//2015】

ラーメン 紀琉にていただいた後に連食にて新店開発。
武蔵家 沖縄本店の姉妹店で2005年OPENと息の長い店。
訪問時刻は15時前ながら先客8名と大盛況。
店内入って正面に券売機があり、表題の食券を購入。
食券を提示し、空いているテーブル席に着席し到着を待ちます。
食券提示からおよそ8分ほどで到着、なかなか良いビジュアルですね。

20150716.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはしっかりと混ぜます。
汁なしだったりまぜそば的な表記はなかったのでラーメンの扱いっぽいですが
スープは少なくタレに近いので分類的には汁なしになるのかなぁ。
しっかりとタレと麺を絡めて啜ると動物系出汁の旨味に胡麻の風味と甘味が合わさった味わいを感じますね。
動物系は鶏豚混合動物系っぽい感じ、白濁までは行かない程度で微乳化系の出汁感ですね。
これに胡麻の甘味を感じるコクとカエシの醤油の風味が合わさっており、担々麺感はそこそこ感じる。
辛味は辣油で出しているのですが、辣油は最初は掛かっておらずボトルを渡されて自分で辛さを調節するスタイル。
これなら辛いのが苦手な人でも好みの辛さをセレクト出来るので悪くはないですね。
辣油はそこまで辛味が強い物ではなく舌先にジワリと乗ってくる感じ、辛さの滞留時間も短めですね。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖り等は感じられませんね。

20150716-2.jpg

麺は加水率やや低めな感じの中細ストレート麺、強めのコシが特徴的な麺ですね。
タレとの絡みは良好、低加水の細麺なのでシャバ系のタレでもしっかりと吸って絡みますね。


具材は味玉、もやし、挽肉、チャーシュー、ネギの構成。
味玉は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、色合いこそ真っ白でプレーン風ですが塩気は強め。
個人的にはもう少し塩気は弱い方が好み、半熟具合は良い感じなだけに勿体無い。
もやしはしっかりと冷えておりシャキシャキ感良好、通常のボイルではなくナムルっぽいですね。
軽めに味が付いていますが薄味なので無問題、ただのボイルもやしを使うよりは合っていて良い。
挽肉は投入量は普通ぐらいかな、肉汁を適度に含んでおりパサパサではなくジューシーで美味い。
こちらも軽めに塩気が付いてるが薄味で良い塩梅、担々麺の雰囲気を出してくれる重要な具材ですね。
チャーシューは炙りのバラが3枚、脂身はやや多いが炙りでトロットロになっていて物凄く美味い。
チャーシューも味付けは薄めで良い塩梅、他の具材の味付けが良かっただけに味玉だけ濃かった事が惜しまれる…
ネギは白の青い部分がやや多めですかね、辛味は控え目でシャキシャキ感と香りが良く出ていて薬味として機能している。


麺量はランチタイムサービスで大盛無料だったので大盛にして220g程度ですかね。
3軒目ではありましたが、ある程度時間を空けたのでそこまで苦はなく8分程度で完食。
総評としては完成度の高い冷やし担々麺、辛さの調節が効くので辛いのが苦手な人でも楽しめる点も○
味玉の味付けが濃かった事と、担々麺としてはやや大人しいのでらしさが弱い点が気になったかな。
それでも万人受けしそうな作りで冷やし担々麺の入りとしてオススメしやすいのは良いですね。
初めての訪問でしたがレベルの高さが伺えました、他のメニューも評判は良いので楽しみですね。
やや場所的に遠くあまり行く機会がないですが早めに次の機会を作りたいですね。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 汁なし 担々麺 波蔵 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。