2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

三竹寿:味玉つけめん+チャーシュー+辛エビ

 【23//2015】

今回の訪問は三竹寿さんに辛つけ麺を食しに訪問。
訪問時刻は17時半頃で既に店内は一杯で外待ちが5人ほどと盛況のご様子。
外待ちの間に店員さんがやってきたので表題メニューを注文し待ちます。
それから5分ほどで店内へ、着席から3分の合計8分程で注文の品が到着。
前回と同じく六厘舎系列の流れを引く見た目の豚骨魚介つけ麺です。

20150723-2.jpg

写真を撮影していざ実食、それではいつも通りスープから軽く啜ります…
濃厚な豚骨の動物系の出汁の旨みが口内に広がり、追従するように魚介系スープの旨みがやってきます。
動物系と魚介系の配分は7:3と言った所で、沖縄県民が好む豚骨を強めに出したミドルドロンジョ。
今回は辛つけめんとしての評価をしにきたので、別皿で提供された辛エビを投入。
辛エビは単体で食してみると辛味が強くなかなか刺激的だったのですが
辛エビをスープに馴染ましても辛味はそこまで強くならないのはベースのスープのお陰ですかね。
ちょっとしたピリっとした感じと軽く鼻から抜けるエビの香りは好感触。
以前に親元である六厘舎で注文したエビ玉はエビの香りが強すぎたのですが、これぐらいの香りなら丁度良いですね。
麺は自家製の太麺ストレートでコシの強さで個人的には好みのタイプ。
つけ汁との絡みも良好でミドルドロンジョの濃厚スープに負けない存在感を示しています。


具材はつけ汁の中に全て納まっているタイプで味玉、メンマ、チャーシュー、海苔、ナルト、ネギの構成。
味玉は半熟で中身が少し溶け出す前回とは違うタイプでしたね、味付けは薄めで黄身の柔らかさ含めて○
メンマは細いながらもしっかりと食感を残したコリコリタイプ、甘みも強くなく美味しくいただけます。
チャーシューはもとからつけ汁に沈んでいる細かいブロックに加えて、追加注文した大き目のブロックがゴロゴロ。
柔らかく仕上げてはいますがある程度は噛み応えを残しているので食ってる感を楽しめます。
味付けは今回はちょっと濃い目でしたが充分許容範囲内、+150円でこの量は肉メンには嬉しい内容。
海苔は小さめの正方形型でスープの吸い込みは普通、もう少し大きいタイプの方が嬉しいかな。
ナルトは厚めで提供されており箸休めとしてはなかなか効果的、味に関しては特に意見はなく普通。
ネギは白で厚めに切られていますし量もそれなりにあるので、口の中を締める効果は大きいですね。


今回も5分ちょっとで美味しく頂きスープ割を注文、割りスープは鰹出汁のあっさりタイプ。
濃厚に堪能した後はやはりあっさりタイプのスープ割の方が胃に優しく美味しくいただけますね。
スープ割も完食してお会計、今回も非常に美味しくいただく事が出来ました。
今回の辛つけ麺はデフォと比較して劣るわけではないのですが、個人的な好みはデフォの方ですね。
今回の訪問で採点対象は終了、今後は限定メニューが出た時だけのレビューになりますね。
それでも個人的に非常に好みの店なので今後も何度も訪問しようとは思います。
今回も非常に美味しかったです。

採点的には90点!ですね、ごちそうさまでした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 つけ麺 豚骨魚介 三竹寿 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する