2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺や偶:6周年記念限定 鴨そば

 【09//2015】

6周年記念限定が提供されるという情報を聞きつけたので突撃。
訪問時刻は12時半頃で店内は満席、先に2名待ちがいたので3人目に。
割と早く列が消化されたので8分ほどでテーブル席に案内されました。
口頭にて表題の6周年記念限定を注文し到着を待ちます。
当日は通常のラーメンと鴨そばだけを提供して回転を良くしているみたいですね。
なので口頭注文から3分程で素早く提供、美しい鴨清湯醤油ですね。

20150809-2.jpg

セット形式でラーメン以外にもそぼろご飯、ジーマミー豆腐、おろし生姜の構成。

20150809.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
鴨ガラを使った鴨メインな感じだが、鴨単体にしては癖が少なめで普通の鶏も使っている出汁感。
鴨油も含めた鴨出汁の旨味がしっかりと乗った後に、香りが良く旨味の強い醤油が追従する展開のシャバ系。
一口目の舌への旨味の乗り方が抜群ですね、一口目の美味さに関してはここ数年でも最高レベルかも。
鴨独特の癖はかなり消されていて軽く感じる程度なので、鴨が苦手な人でも結構イケる感じかも。
醤油は塩気が非常に柔らかく円やかでじんわりと舌に乗ってくるタイプで尖り無し、出汁との相性が良く噛み合いが良い。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは前途の通り皆無ですね。

20150809-3.jpg

麺は加水率高めの中太平打ち麺で麺の色合い的には蕎麦粉も使ってるいる感じですかね。
独特の弾力があり軽くプツンと切れる感じの歯切れのある麺、スープとの相性も非常に良好。


具材は椎茸、鴨チャーシュー、カイワレ、ネギの構成、種類は少ないがビジュアル不足感はないかな。
椎茸はスープを吸っており噛むと椎茸自体の出汁も混ざった旨味が流れてきますね、スープとの相性も良好。
鴨チャーシューは1枚の大きさが小さめだが3枚入っており、量的には普通のチャーシュー1枚分はあるので量的には充分。
鴨肉らしく柔らかいが適度に弾力と繊維を残しており、噛むと旨味と独特の香りが良く出てきて美味し。
カイワレは貴重な青味要員、辛味はそこまで強くなく食感と独特の青っぽさが感じられスープとの相性も良い。
ネギは白でシャキシャキとした食感良好、辛さもそこまで強くないので雰囲気を壊さず薬味として良い効き具合。
途中からおろし生姜を投入すると爽やかな香りとスッキリとした口当たりになりますね。
ただ個人的には入れていない状態の方が出汁の旨味が強く感じられるので好みだったかなぁ。


麺量はおよそ150gぐらいですかね、一軒目ですのでスルスルと胃に収めて7分程度で完食。
総評としては鴨の旨味を強く出しながらも癖は排除し万人受けする完成度の高い一杯。
スープや麺の構成的に鴨南蛮の雰囲気も出ていて、ラーメンと蕎麦の中間的な感じで面白い一杯でした。
1000円という値段もラーメンとセットで付いてくる物まで含めれば全然高くはないですね。
生姜は個人的にはあまり必要なかったので97点にしましたが、実際の内容としては最高点の98点と扱って問題なし。
ジーマミー豆腐と鶏そぼろご飯も堪能、非常に満足度の高い一杯でございました。
非常に素晴らしい一杯で今後の限定も楽しみですね、6周年おめでとうございます!

採点的には97点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 醤油 麺や偶 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。