2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

花銀琉:ちゅら塩ラーメンラリー限定 ちゅら塩らーめん

 【10//2015】

麺や偶にて素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
今回はちゅらラーメンラリーというイベント限定メニュー目当てで訪問。
東洋水産からちゅらラーメンのカップラーメンが全国発売された記念で
沖縄ラーメン協会加盟店が基本レシピから店毎の個性を活かし
オリジナルのちゅらラーメンを提供するイベントとなっています。
期間は8月中で参加店舗が12店あるのですが、全部訪問出来る様に頑張ります。
訪問時刻は13時半で店内は8割入りで盛況、券売機にて限定の食券を購入。
店員さんに手渡して空いているテーブル席に着席します。
食券提示からおよそ7~8分程度で到着、見た目的には通常のラーメンと同じかな。

20150810.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口…
豚感強めの鶏豚混合動物系に節の旨味と風味の効いた魚介系と海老油を合わせたシャバ系スープ。
動物系と魚介系のバランスは2:8程度で魚介が強く、ダレという事もあり比較的スッキリ目の仕上がり。
デフォの花銀琉ラーメンは醤油ですが、で出てくるとこんな感じに仕上がるのかなって感じでらしさが出ている。
ダレは塩気の輪郭はしっかりとしているが刺さるような鋭さはないですね。
塩分濃度はやや高めだが許容範囲内で良好、塩気の尖りは前途の通り感じられませんね。

20150810-2.jpg

麺は加水率高めの中細ストレート麺、しっかりとしたコシとモチ感が混在する麺ですね。
スープとの絡みはなかなか良好、スープの存在感が少し強めだがバランス的には問題のないレベル。


具材はもやし、海苔、メンマ、軟骨ソーキ、糸唐辛子、ネギの構成でビジュアルは充分。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、スープとの相性もそれなりに良好。
海苔はパリパリ感がかなり強めで繊維がしっかりしている、スープを吸っても硬さが残ってて個人的には○
メンマはコリコリ感がなかなか良好、ほんのり甘味を感じる味付けだが良い塩梅ですね。
軟骨ソーキは骨がトロトロになるまで煮込まれていて、そのまま骨ごと食べる事が出来ますね。
ソーキなので肉の弾力と繊維が適度に残っていますが、簡単に裂けて解れるので食べにくさは皆無。
炙りが入っていて香りが良く、味付けは適度な塩気が効いていて良い塩梅で美味い。
糸唐辛子は量は普通くらいかな、単体での辛さは特に目立つ物ではなく飾りの意味合いが強い物ですね。
ネギは白で粗めに切られておりシャキシャキ感と辛味が強めで効いていて、舌や鼻腔を〆て薬味として効いてます。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二軒目ですがそこまで苦はなく8分程度で完食。
ランチタイムサービスで付いてきたミニライスにソーキとスープを合わせて食うのは最高でした。
総評としては魚介が効いておりスッキリとした存在感のある塩で仕上げた塩ラーメン。
豚魚として扱うには動物系の効きはそこまで強くはないので分類上は塩になりますかね。
沖縄そばっぽさも少し感じますが、ラーメンとして成立してるのは良いですね。
あんまりにも寄せすぎてラーメンっぽさが消えてしまうと元も子もないですからね。
他の店も当然方針的に塩ダレで出してくるので、今月だけで塩ラーメンを12杯食う事は確定という事か…w
普段はあっさり系が多い塩はこってり好きなので食べる回数は多くないので、たまにはこういうのも悪くはないか。
一日の提供数が店毎に違いますがあまり多くはないので、ハードルは高いですが完全制覇目指して頑張ります。
花銀琉さんはもう一つ夏季限定があるので今月中にもう一回訪問かな。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 花銀琉 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する