2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺屋 白虎:ちゅら塩ラーメンラリー限定 ちゅら塩 琉球ソルティー

 【24//2015】

ちゅらラーメンラリー参加店で唯一の初訪問店のこちら。
もうOPENして7年以上経つのにRDB未登録だったとは…
お店への到着が予定よりも早く11時15分頃、開店まで時間を潰します。
11時25分過ぎに営業中の看板を持ってきた店員さんに許可をいただき入店。
自分が音楽を聴きスマホ弄りをして気付かない間に先に入ってた客が2人w
店内入ってすぐ左側にある券売機にて表題の食券を購入。
空いているカウンター席に着席し、店員さんに手渡します。
食券提示からおよそ10分程度で到着、今までの中で一番個性的なちゅら

20150824.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
濃い目の節出汁をメインに豚感が後ろから旨味の支えを入れる展開のシャバ系スープ。
出汁の旨味の感知割合は節8:2豚といった所ですかね、節出汁主体のあっさり目の構成。
スープに浮いている赤い油は辣油ではなく、トマト煮込みのソーキから流出した物なので辛味は皆無。
トマト感は色が出ている割には意外にも控え目で、出汁の旨味の後方にチラッと感じるぐらいですね。
分濃度はやや高めながらも許容範囲内で節の旨味を上手く引き出しており良好、気の尖りも感じられませんね。

20150824-2.jpg

麺は多加水の自家製中太ストレート麺、多加水らしいモチプリ感に適度なコシも感じるハイセンスな麺で超好み。
スープとの絡みは良好、旨味も気も濃い目のスープに負けない麺の存在感でバランス良好。


具材は玉子焼き、海苔、キクラゲ、ソーキ、ネギで今まで食べたラリーの中で一番個性的な具材構成。
玉子焼きはスープの味が移って少し気を感じるがプレーン、普通に美味しい玉子焼き。
個人的にラーメンに玉子焼きはしっくり来ない、でも邪魔とか合わないとかという訳ではないので評価が難しい。
海苔はパリパリ感強めで繊維の強さを感じる正方形カットの物が1枚、海苔の香りが強くて個人的に好みど真ん中。
スープとの相性や旨味の吸い込み具合が素晴らしく、久しぶりに海苔1枚でテンション上がった。
キクラゲはコリコリ感強めで食感の良い細長いカットの物、投入量も多めでキクラゲ好きなので嬉しい。
スープとの相性も良いとは思うが、やはりキクラゲは豚骨と思ってしまうのはイメージが固定されてるせいかなぁ。
ソーキはトマトソースと煮込んだ本ソーキ、肉の弾力が適度に感じるが柔らかく仕上がっており○
味付けも薄めで良い塩梅、トマト感はさほど強くなく特有の甘酸っぱさが肉の旨味を補助する感じ。
ネギは青ネギで投入量多め、ネギの香りと繊維のシャリシャリに近い食感が心地良く薬味として機能している。
あとはチャーシューの端を細かく切った肉片が結構な量沈んでいて、これが豚感増強に貢献している模様。
脂身が多いですが炙りを入れてあるので香りが結構良く、この辺は見えにくいけど良い仕事してるなと思いました。


麺量はおよそ150g程度ですかね、当日一軒目なので量的には余裕で10分ほどで完食。
丼が熱々に湯煎されてスープも全然冷めず熱々だったので、少し食べるのに時間が掛かりましたw
ただ、こういう細かい所をちゃんとしているのは客側としては嬉しい、冬だと更に嬉しく感じたでしょうね。
総評としてはちゅら塩の基本的な作りは周到しながらも、工夫がされていて面白い個性的な一杯ですね。
玉子焼きとキクラゲは美味しいし合わない訳ではないですが、ベストな具材かと言われると少し難しい。
逆に麺と海苔に関してはどちらもドストライクで最高に合ってたし、トマト煮のソーキも結構良かったですね。
湯煎は夏場なのでありがたみが少し薄いですが、手を一切抜かずに作ってるなと感じられ個人的には超高評価。
その辺の仕事っぷりも考慮して着地点はこの辺かなと、初訪問店でしたが好印象でまた訪問したいお店ですね。
あまりこの辺に来る事はないですけど機会があれば候補の筆頭に入れておきますかね。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 白虎 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する