2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

武蔵家 沖縄本店:ちゅら塩ラーメンラリー限定 ちゅら塩ラーメン

 【25//2015】

麺屋 白虎にて一杯いただいた後に連食訪問。
ちゅらラーメンの本家本元と言えるこちらに。
訪問時刻は12時半過ぎで先客は8名程と盛況ですね。
店内入ってすぐの所にある券売機にて表題の食券を購入。
店員さんに食券を提示して空いているカウンター席に着席し到着を待ちます。
食券提示からおよそ5分少々で到着、良い見た目の一杯ですね。

20150825.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口…
節系出汁の旨味が舌に乗った後に気と豚感が広がる展開のシャバ系
最初に舌に乗るのは節の旨味なんですが、最終的には豚感が口の中に残る二面性のある味の変遷を感じますね。
中央にある魚粉が混ざる事で魚介感が増し、最終的に割合は節6:4豚で比較的均衡タイプかな。
気は比較的輪郭ハッキリで締まりのあるタイプ、ハッキリとした気が出汁の旨味を引き立たせている感じ。
分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは感じられませんね。

20150825-2.jpg

麺は加水率普通ぐらいの中細ストレート麺、強めのコシが感じられる麺ですね。
スープとの絡みは比較的良好、予想よりも麺の方が強いですがバランス的には問題なし。


具材はウコンで漬けた黄色いうずら2個、細切りの昆布、バラチャーシュー2枚、青ネギのシンプルな構成。
うずらは見た目こそ派手ですがウコンが強すぎる事もなく、普通に食べる事の出来るうずらですね。
昆布は食感が良くてコリコリに近い感じ、個人的にはかなり好みな食感ですね。
味付けはプレーンで特に何かされている感じは無し、スープの塩気で美味しくいただけますね。
バラチャーシューは脂身3割程度、脂身はプリプリで身も柔らかく仕上げられていて食べやすい。
味付けも適度で良い塩梅、特に小ぶりという訳でもないのに2枚もあるので量的満足度高め。
青ネギは投入量多めで香りが良く薬味として機能、見た目の色彩的にも良い仕事ぶりですね。


麺量はおよそ180g程度ですかね、二軒目ですが特に苦はなく7分程度で完食。
総評としてはシンプルな節豚清湯の塩、ちゅら塩の基本がこれなんだなと噛み締めました。
似た系統で以前食べた限定の島中華そばは沖縄そば感が強かったんですが、これはもっとラーメン寄りの一杯。
構成的にも向こうは油が多くてこってり寄りだったのと比べると、こちらはあっさりとした仕上がり具合。
沖縄のご当地ラーメンという構想とも良く合った一杯で、これが徐々に色んな店舗に広がってるのは良い事ですね。
今回の訪問でラリーは8/12で終了も見えてきた感じで完走間近ですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 武蔵家 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する