2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

手打ラーメン かなざわ:冷やし塩ラーメン

 【27//2015】

訪問日:9/11
訪問時刻:19時10分頃
店内状況:先客1人
値段:750円
注文:口頭注文・後払い制
形態:通常メニュー
ベース:鶏
タレ:塩
提供時間:約9~10分

20150927.jpg

通常の塩ラーメンが清湯なので透明な色合いの物が出てくると思ったら、まさかの鶏白湯ベース。
鶏の旨味を感じた後に塩ダレの円やかな塩気が追従する展開のシャバ系スープ。
脂の凝固が心配ではあったが、そこまでキンキンに冷やす提供スタイルじゃないので大丈夫だった。
塩分濃度は低めで物足りなさも感じはするが許容範囲内かな、塩気の尖りは感じられませんね。

20150927-2.jpg

麺はいつも通りの多加水手打ち縮れ麺、モチ感強めの麺で冷やしの恩恵か弾力も少し強めに出ている感じ。
スープとの絡みは普通かな、もう少し塩気が強ければ良いバランスになる印象。


具材はもやし、ワカメ、メンマ、チャーシュー、カイワレ、ネギの構成。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、スープとの相性も比較的良好ですね。
ワカメは投入量普通、特別相性が良いという感じではないが組み合わせ的に悪くはないですね。
メンマは細長いタイプでコリコリ感それなり、ややショッパ目の味付けだが許容範囲内で良好。
チャーシューはロースが1枚、ホロホロで軽く箸で触れると崩れる程度に柔らかいですね。
味付けは少しショッパ目だがこちらも許容範囲内、脂の凝固は脂身が少ないので問題なし。
カイワレとネギは青味・食感・辛味の提供に貢献、薬味としてしっかりと機能していますね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、一軒目なので特に苦もなく5分程度で完食。
総評としては通常の塩とは全く違った作りで纏めてきた冷やし塩、イメージとは違ったが完成度は高くて良かった。
スープの塩気が物足りなかったのですが、具材が濃い目の味付けだったので最終的には良い塩梅になりましたね。
前回のつけ麺の方は不完全燃焼感がありましたが、やはりここはラーメンが良いですね。
季節限定メニューかと思っていたので、大将にいつまでやってるかを聞いたら年中との回答。
特別な具材を使ってないので麺を冷やせば作れるので、限定じゃなくて固定メニューにするとの事でした。
期間限定だと終わる前に未食の物を食べようと思いましたが、これなら急がなくても大丈夫ですね。
残るは冷やし醤油ラーメンと冷やし味噌つけ麺ですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 鶏白湯 かなざわ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する