2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺や偶 もとなり 銘苅店:コラボ限定 もとなりのベジ豚骨つけめん

 【01//2015】

訪問日:9/12
訪問時刻:15時頃
店内状況:先客4人
値段:800円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚
タレ:醤油
提供時間:約8~9分

20151001.jpg

琉家からの連食訪問になります。
麺はストライプ ヌードルズの物、スープが麺や偶 もとなり 銘苅店の物というコラボ限定メニュー。

20151001-3.jpg

濃い豚の旨味が抽出された白濁豚骨ベースにニンニクチップの香りと苦味が出たライトドロンジョ系。
マー油の様に見えるのはバジルソースですね、トマト麺との組み合わせを考えてのバジルですかね。
ベースの豚骨自体は非常に好みの物なんですけど、ニンニクチップからの苦味が強く出ているのが難点かな。

20151001-2.jpg

麺は加水率高めのトマト練り込み平打ち麺、平打ち麺らしい弾力とコシの強さが特徴的で個人的には好きなタイプ。
つけ汁との絡みは良好、スープも麺も両方共に存在感がありますが力強く競り合ってバランスが取れていますね。


具材は麺側にリーフバジルとつけ汁側にチャーシュー、トマト、粉チーズ、昆布粉末、ニンニクチップ、バジルソースの構成。
固形物が少ないのでビジュアルはやや物寂しい、ソースや粉末系は混ざって消えますからね。
リーフバジルは赤い麺との対比で緑色が非常に栄えていて、色味としては最高の機能性ですね。
噛んだ際にしっかりと香りが出ますが、ちょっと強すぎてつけ汁に勝る時があるのが気になるかな。
チャーシューはロースが1枚、ロースらしい肉の弾力と柔らかさのバランスが取れていて良い感じ。
味付けは薄めで噛む事で肉自体の旨味を楽しめるタイプで割と好みのタイプ。
トマトはカットタイプで酸味がやや強め、個人的にはトマトはカットよりもホールとかソースの方が好き。
プチトマトやカットトマトは甘味よりも酸味の方が強く出る傾向があるので、甘味が出るソースとかの方が…
粉チーズは粘度とコクを加えるのに貢献、つけ汁が円やかになるのと豚骨の旨味の引き上げに貢献。
麺との絡みに関しても粘度が上がる事で纏わり付きやすくなるので、この点でも良い仕事ぶりですかね。
昆布粉末は特に目立った仕事はないかな、他の具材の存在感に掻き消されてしまっている。
ニンニクチップは大量で香りは豚骨と相性が良く効いてて素晴らしいが、前途の通り苦味が出すぎかな。
香り自体は非常に好みなので勿体無い、もう少し量を少なくして苦味が出てなかったら良かったかも。
バジルソースは香りが奥の方に感じるがそこまで目立たないですね、この点でもニンニクが少ない方が良かったかも。


麺量はおよそ200g程度ですかね、さすがに三軒目なので少し胃が重くて12分程で完食。
総評としてはスープと麺単体は良いが、ちょっとニンニクの支配力が効きすぎた印象。
ベースの豚骨スープ自体が好みの炊き出し具合なので、それのおかげでカバー出来た部分も大きかったですね。
これでスープや麺自体も好みから外れてたら結構悲惨な結果になっていたかも…
ニンニクチップの削減とトマトを加熱調理して甘味が前に出たソースにしたら、個人的な好みにグッと近付きそう。
やや点数は辛くなりましたが意欲作で面白い一杯だったので、またこういう企画は個人的にはやって欲しいかな。
ストライプ ヌードルズでも同じコンセプトのコラボをやっているので訪問するとします。

採点的には70点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 つけ麺 豚骨 麺や偶 もとなり 銘苅 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。