2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

天神矢:裏メニュー 豚骨醤油

 【31//2015】

訪問日:10/7
訪問時刻:20時30分頃
店内状況:先客5名
値段:650円
注文:口頭注文・後払い制
形態:裏メニュー
ベース:豚
タレ:醤油
提供時間:約7~8分

20151031.jpg

つけめん SAKURAからの連食訪問になります。
乳化度の高い豚骨をベースに醤油を合わせた比較的シンプルなシャバ系豚骨醤油
豚の濃い旨味を感じた後にキレキレまでは行かないが締まりのある醤油の塩気が追従する展開。
豚骨醤油は出汁とカエシのどちらかが強い作りの物が多かったりするが、バランスが取れています。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは特に感じられません。

20151031-2.jpg

麺は加水率高めで軽くウェーブの掛かった平打ち太麺、適度なモチ感と平打ちらしい弾力を感じる麺ですね。
スープとの絡みは比較的良好、やや麺の存在感が強い印象だがバランス的には然程問題はない。


具材はメンマ、ホウレン草、チャーシュー、カイワレ、ネギの構成。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感はそれなり、味付けはプレーンに近くメンマの風味を活かした作り。
ホウレン草は葉と茎半々の物でスープとの相性良好、少し青臭さを感じるが特に問題はないレベルかな。
チャーシューは脂身多めのバラ、厚みは普通だがかなり長さで最近あまり見ないタイプ。
脂身4割程度と多いがトロトロで美味い、味付けは薄味で良い塩梅ですね。
カイワレは飾りの意味もあるが、カイワレ特有の辛味がほんのりと効いていてスープのこってり感を消すのに貢献。
ネギは厚めにカットした白で投入量多め、ネギ特有の辛味と食感が厚めに切ったので強く出ていますね。
カイワレと同じ様にスープのこってり感を消すのに非常に効果的で優秀な働きっぷり。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二軒目ですがそこまで苦はなく8分程度で完食。
総評としては出汁感とカエシの調和が取れたバランス感覚に優れた豚骨醤油
出汁感が強いのは問題ないがカエシがキレキレすぎるのが苦手な自分にとっては理想的でした。
650円という値段も質と量の両面から考えると少し安く感じるぐらいで良いと思います。
このメニューは以前提供していた物で今はメニュー表には載っていない一杯。
ホウレン草の付いてる以前出してた豚骨醤油、みたいな頼み方をすると作れる時には作って貰えます。
非常に満足度の高い一杯で堪能出来ました。

採点的には90点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 豚骨醤油 天神矢 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する