2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺や Gochi:2015年11月限定 牛すじDE ユッケジャンヌードル

 【23//2015】

訪問日:11/22
訪問時刻:11時30分頃
店内状況:先客4名
値段:1050円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、牛、煮干
タレ:醤油
提供時間:約6~7分

20151223.jpg

動物系出汁の旨味を感じた後に辣油と唐辛子の辛さが追従する展開のシャバ系スープ。
出汁はお店の説明では鶏、牛、煮干のトリプルとの事ですが、辛さの影響もあってか鶏感ぐらいしか認知出来なかった。
辛さは許容範囲ギリギリと言った感じで強め、即効性のある辛味と滞留時間のある辛味のダブルで持続時間長め。
レンゲでスープを啜る時に粉唐辛子が一緒に入ってくるのですが、それが強くて咽そうになるw
塩分濃度は高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは特に感じられませんね。

20151223-5.jpg

麺は加水率やや低めな感じの中細ストレート麺、しっかりとしたコシと歯切れの良さを感じる麺ですね。
スープとの絡みはなかなか良好、少し麺の小麦感が強い印象もあるがバランス的には問題なし。


具材はゆし豆腐、メンマ、キャベツ、冬瓜、刻み玉ネギ、牛スジ、ネギ、ニラの構成で具沢山。
ゆし豆腐はチゲ鍋に入ってる豆腐みたいなイメージでスープとの相性は抜群、麺との相性も意外と悪くはない。
メンマは細長いカットの物でコリコリ感強め、味付けはプレーンな感じでメンマの風味が強く出ていて良好。
キャベツはボイルタイプでややクタ系、キャベツの葉の甘味が辛味の緩衝材として効いていて良い働きっぷり。
冬瓜は瑞々しく独特の食感は面白い、ただ麺やスープとの相性面では個人的には特に必要ないかなという印象。
刻み玉ネギは細かめのカットでシャキシャキ感と甘さが効いていて、キャベツと同じく辛味の緩和に非常に貢献。
牛スジは丁寧に処理されていて味付けは薄め、肉自体の旨味が強くトロトロ部分とコリコリ部分の違いが面白い。
スジ肉の独特の匂いは抑えが効いていて臭いという感じは無く、個人的には気にならないですね。
ニラはビジュアル面での青味要員、独特の香りが刺激的なスープとの相性が良い。
ネギは青と白髪の使い分け、青はニラと同じく青味要員であるのと香りが効いている。
白髪はシャキシャキの食感と青ネギとは違った刺激のある香りが効果的、どちらも薬味として良い働き。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的に苦はなかったですが辛さで少し手間取り10分程度でスープ以外を完食。

20151223-4.jpg

追い飯を注文するとごはん、山クラゲ、キムチが入った茶碗と別皿で温玉が登場。

20151223-3.jpg

このセットをスープと合わせたユッケジャンクッパで〆て完飲完食。

20151223-2.jpg

総評としては辛味の強いメニュー名に恥じない一杯、〆のクッパまで含めた組み立ての妙を感じますね。
ラーメンとユッケジャンクッパの両方で完成度が高く、最後まで全く飽きさせないですね。
個人的には辛さがもう少し控え目ぐらいが耐性的にベストなのと、冬瓜があまり効果的でない点が気になったかな。
今回もしっかり堪能させてもらい非常に満足。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン その他 Gochi 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。