2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

和風らーめん はるや:マイスター限定 玄徳まぜそば

 【25//2015】

訪問日:11/28
訪問時刻:18時10分頃
店内状況:先客3名
値段:500円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚
タレ:醤油
提供時間:約5~6分

20151225.jpg

挽肉から出ていると思われる豚の旨味が醤油タレと一緒に麺に絡んでやってくる展開。
玄徳シリーズの特徴でもある胡瓜は別皿で提供されており、最初は通常のまぜそばとしていただく事が出来る。
途中から胡瓜を投入する事で独特の青味が加わりますが、挽肉の豚感が強いおかげでかなり隠れますね。
胡瓜の辛味に関しては元々強くない事に加えて温玉も入っているので全く感じられませんね。
醤油は塩気が円やかで香りの強いタイプ、塩分濃度は適正値で良い塩梅で塩気の尖りはないですね。

20151225-2.jpg

麺はいつも通りのはるやの中細ストレート麺、適度なモチ感とコシが混在する麺ですね。
タレとの絡みは良好、タレの醤油の塩気や風味と豚の旨味と麺の小麦感のバランスが良いですね。


具材は温玉、もやし、青菜、メンマ、挽肉、ネギ、別皿の胡瓜の構成。

20151225-3.jpg

温玉は黄身を潰して混ぜる事でタレと麺の補助として機能しますね、全体的に味わいを円やかにする効果も。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、水っぽさを感じる事もなく合っていますね。
青菜は茎と葉の部分が半々程度、見た目の青味要員でビジュアル面で貢献し食感も良好。
メンマは細長いタイプでコリコリ感はそれなり、やや甘めではあるが嫌味はなく適度に良い味付け。
挽肉は多めで少し甘塩っぱい感じの味付けが施されているが薄めで良い塩梅、パサ付きも特には感じないですね。
ネギは白で少し厚めにカットされていて食感強め、ネギ特有の辛味と香りも効いていて薬味として機能している。
別皿の胡瓜は今までの玄徳シリーズのものと同じく豆板醤で少しピリっとする感じの物ですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、当日の一軒目という事もあり特に苦もなく5分少々で完食。
総評としては割とスタンダードな醤油系のまぜそば+玄徳の特徴でもあり胡瓜を合わせた一杯。
胡瓜の青っぽさが多めの挽肉の恩恵もあって抑えが効いているので個人的には好印象ですね。
このメニューぐらいの青っぽさなら特に気にもならないですし、胡瓜の食感が楽しめて良いですね。
最後の玄徳シリーズを食べる為にそのまま注文し店内連食に挑むのであった、続くw

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 汁なし 醤油 はるや 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。