2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉球チルダイ:期間限定 石垣黒鶏の濃厚味噌ラーメン

 【25//2016】

訪問日:1/16
訪問時刻:19時頃
店内状況:先客1名
値段:800円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏
タレ:味噌
提供時間:約6~7分

20160125.jpg

濃度の高い鶏出汁の旨味がガッツリと舌に乗り、味噌の風味が軽く抜けていくライトドロンジョに近いトロみがある。
石垣黒鶏のガラ、ネック、モミジ、手羽を長時間煮込んだというメニュー説明に相応しい濃い鶏感。
トロみは特にモミジから出ているんでしょうが、このトロみのおかげで舌に旨味がしっかり張り付く印象。
味噌はふんわりと感じる程度で出汁を邪魔せず後ろで支える、強い味噌の主張があまり得意ではない自分には嬉しい。
味噌の中に具材の野菜類の甘味もしっかりと混ざっていて、その恩恵で塩気も綺麗に丸めている。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは前途の通り全然感じないですね。

20160125-2.jpg

麺は中加水程度の中太ストレート麺、モッチリよりも詰まった感じのムッチリ感のある麺ですね。
スープとの絡みは良好、少し麺が太くて強そうな印象もありましたがスープのトロみもあってか良い絡み具合。


具材は白菜、人参、茎ワカメ、鶏チャーシュー、ネギに載せ忘れで別皿になったウズラの構成。

20160125-3.jpg

白菜、人参、茎ワカメはスープと一緒に鍋振りして馴染ませた物でしょうね、それぞれの特徴ある食感が活きている。
スープとの相性は言うまでもなく抜群、野菜の甘味が良く出て混ざっているので合わない理由がない。
鶏チャーシューは低温調理の物が3枚、パサ付き皆無でしっとり感が強く質量共に充分すぎる。
ネギは幅や繊維の感じからすると青ネギではなく長ネギの青い部分かな、投入量はかなり多め。
しっかりとした繊維質が感じられるが辛味や香りは強すぎず良い具合でスープを邪魔せず薬味として機能している。
載せ忘れのウズラはカレーの風味を付けた少しスパイシーさを感じる物で味噌との相性は良い感じ。


麺量は180g程度ですかね、当日の一軒目で特に苦もなく8分ほどで完食。
総評としては鶏の旨味がギュッと詰まった一杯で分類は味噌じゃなくて鶏白湯にしようかと思うほどに濃厚。
強い味噌感が苦手な自分にとっては鶏の旨味の方が主体となっているので非常に食べやすかった。
武蔵家 沖縄本店の姉妹店らしく、質の高さはさすがというべきで満足度は非常に高いですね。
営業やメニューが割と不定期な所があるので、頻繁に訪問するのは個人的に難しいかも。
出している物のレベルは高いので機会があれば積極的に狙いたいですね。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 味噌 チルダイ 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する