2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺や Gochi:2016年1月限定 TANREI煮干ラーメン

 【31//2016】

訪問日:1/22
訪問時刻:12時頃
店内状況:先客5名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:煮干、鶏、豚
タレ:醤油
提供時間:約7~8分

20160131.jpg

煮干清湯を主体に動物系は鶏清湯と豚背脂で支える展開のシャバ系スープ。
Gochiらしい淡麗で上品な煮干が鶏の旨味と一緒に広がり、豚背脂の甘味と脂の旨味がゆっくり効いてくる。
繊細なスープは一緒に拾う具材の影響を受けるので、啜る毎に微妙に違った変化に富んで面白い。
醤油は香りも塩気もじんわり優しく広がる物で、出汁を押し退けて主張してくる事はないですね。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは全く感じられません。

20160131-2.jpg

麺は低加水の中細ストレート麺、しっかりとしたコシと軽いプツンとした歯切れを感じる麺ですね。
スープとの絡みは良好、麺がしっかりと吸い込んでくれるのでバランスは良い。


具材は岩海苔、ナルト、チャーシュー、ネギの超シンプル構成、種類は多くないがビジュアル不足は無し。
岩海苔はスープを吸い込んで煮干の旨味と一緒に海苔の香りが広がる、煮干醤油との相性は文句無し。
ナルトは独特のブヨっとした食感に身の甘味が箸休めとして機能、ビジュアル的にも良い仕事ぶり。
チャーシューは炭火焼きのロース、もはや恒例で当たり前になってるが低温調理→炭火焼きという手間の掛かった物。
味付けは薄くほぼプレーンに近い、噛むと肉自体の旨味が出てきて炭火焼きの香りと広がりいつも通り美味い。
ネギは少し幅を持って切った白で投入量多め、シャキシャキ食感とネギの香りがしっかり出ていて薬味として機能。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的にも質的にも胃に来る重さはなく約8分程で完食。
総評としては煮干と動物系の澄んだ旨味が広がる淡麗系の一杯。
最近の凝った限定から一変し、年も変わって原点に立ち返ってスタンダードで攻めて来た感じ。
1月と2月は煮干強化月刊と銘打っているので、それに相応しい一杯だったと思います。
今月はもう一つの裏限定があるので次のレポへ店内連食となります。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:沖縄市

Tags : 沖縄 沖縄市 ラーメン 醤油 煮干 Gochi 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。