2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉球チルダイ:期間限定 県産車海老のまぜそば

 【04//2016】

訪問日:1/23
訪問時刻:15時50分頃
店内状況:先客1名
値段:850円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:海老
タレ:
提供時間:約6~7分

20160204.jpg

福島の物産と観光展からの連食訪問となります。
底の方に溜まった透明なダレを絡めていただく汁なし、タレと油の両方に海老を使っているとの事。
海老を細かく砕いてマヨネーズに刻み玉ネギ等と合わせた海老タルタルソースの様な物もタレの一種になっている。
ダレ単体では海老感もそこまで強い感じではない、あとは単体だとショッパで尖っているかな。
海老タルタルが合わさる事で海老感の追加と気を丸めて抑える効果があり、二種類合わさってこそのタレという印象。
分濃度はかなり高めだが許容範囲内、気の尖りは感じるが海老タルと混ざる事で気にならなくなる。

20160204-2.jpg

麺は中加水~やや低目ぐらいな印象の中太麺、コシと詰まったムッチリ感を感じられる麺ですね。
タレとの絡みは良好、少し粘度のあるタレでやや混ぜにくく張り付きも強かったがタレと麺の小麦感のバランス良好。


具材はゆで卵、キャベツ、刻み海苔、車海老、チャーシュー、ネギの構成、ビジュアル不足は無し。
ゆで卵は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、少し濃い目のタレの塩気で美味しくいただける。
キャベツはボイルタイプで少し柔らかめだが食感は消えてない、塩ダレとの相性も良い感じで合っている。
刻み海苔はパリパリ感良好、海苔の香りも海老の香りと一緒に鼻から抜けて感じられる。
車海老は揚げてパリパリになっており頭ごと丸ごと行ける、4尾も入っていて量は充分すぎる。
殻ごと食べるので味も香りも濃い、頭の部分の棘が少し刺さりそうになって痛いが味には当然影響ないw
チャーシューは短冊切りのバラ、塩で軽く味付けはされているが非常に薄味で良いですね。
厚みがあるので噛むと繊維を感じられるが簡単に解れる、肉自体の味がよく出てきて美味い。
ネギは青で投入量多め、ビジュアル面での貢献に加えて鼻から抜けるネギの香りが爽やかさを演出し効果的。


麺量は180gとの事、三軒目ではあるが特に問題なく10分程度で完食。
総評としてはタレ、タルタル、具材の揚げ海老と全く違った海老の活かし方が現れていて面白い一杯。
タルタルはもっと重くなりそうな気もしたが、塩ダレのスッキリ感のおかげで重さが出る事はなかったです。
クリームパスタっぽい洋風な雰囲気を感じるまぜそばで、あまり食べた事ない系統でもあったので良い経験でした。
デフォで850円は少し高いかな?と最初は思ったが、具材の豊富さを感じると妥当でしたね。
毎週違った物が出てくるので次がどうなるかが楽しみですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 汁なし チルダイ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する