2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉球チルダイ:期間限定 濃厚煮干し豚骨ラーメン

 【13//2016】

訪問日:1/31
訪問時刻:14時20分頃
店内状況:先客4名
値段:800円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚、煮干
タレ:醤油
提供時間:約10分

20160213-2.jpg

20160213.jpg

麺屋 白虎からの連食訪問となります。
高濃度の豚骨と煮干を掛け合わせたライトドロンジョ系濃厚ニボ。
豚骨と煮干が共に強く主張し合いながら、結果的にバランスが取れていて両方の旨味の乗りが凄い。
煮干は頭もワタも使って普通に苦味も出したとの事だが、土台の豚骨がしっかりとしている恩恵もあって
動物系のコクが上手く苦味を押さえ込んでいるので、適度で美味しくいただけるレベルに収まっている。
カエシも量自体はそれなりに使っていると思われるが出汁が強い事もあり、あくまでも出汁の補助という感じ。
塩分濃度は高めな感じも許容範囲内で良好、塩気の尖りは感じられません。

20160213-5.jpg

麺は中加水程度の中細ストレート麺、強めのコシとプツリと切れる感じの歯切れが特徴的。
スープとの絡みは良好、強力なスープに対して麺が細い印象がありましたが小麦が詰まった麺で全く負けていない。

20160213-4.jpg

具材はネギ以外は全て別皿提供で味玉、茎ワカメ、島人参、チャーシュー、カイワレの構成。
味玉は黄身がトロリと流れる程度の半熟具合、黄身の味わいが感じられ味付け薄めで良い塩梅。
茎ワカメはコリコリとした食感が心地良い、スープとの相性も意外と良くて驚かされた。
島人参は出汁や調味料と合わせて煮付けた物かな、非常に柔らかく抵抗なく歯が入る。
人参自体の甘味が感じられてスープとの相性も結構良い、惜しまれるのはほんの少しショッパな事。
チャーシューはバラ肉が3枚、幅も厚みもあって量の面では全く不満がないですね。
プレーンタイプでスープと一緒に食べる事で良い塩加減に、噛むと肉の味がしっかりと出てくる。
カイワレはネギと一緒に青味要員であるのと、辛味を感じさせる事で鼻腔や舌を〆て薬味として機能している。

※具材を全部乗せすると、こんな感じ。

20160213-3.jpg

麺量はおよそ180g程度ですかね、三軒目で少し量的な重さはあるものの10分程度で完食。
総評としては高濃度の豚骨出汁と煮干を合わせた重厚感のあるハード路線の一杯。
力強い豚骨のおかげでニボ感が良い感じに収まってるなと考えると、煮干は単体だと相当強そう。
非常にレベルの高い一杯で満点レベルの満足度なのですが、人参が軽くショッパだったので97点でw
あまりにも出来が良すぎるせいで目に付いた感じで、普段なら特に気にする程でもないんですけどね。
店主が食べ終わった際に苦味は大丈夫でしたか?と聞いてきたので、適度で良い感じでしたと返答しておいた。
その流れで煮干で有名な長尾中華そばの話だったり、次回の構想なんかも聞けて食後も楽しかったです。
来週は何が出てくるのかが今から楽しみですね。

採点的には97点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 醤油 煮干 チルダイ 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する