2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉球島豚 麺屋なりよし:マイスター限定 濃厚赤から味噌らーめん

 【15//2016】

訪問日:2/2
訪問時刻:18時20分頃
店内状況:先客6名
値段:500円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚
タレ:味噌
提供時間:約10分

20160215.jpg

麺や 堂幻からの連食訪問になります。
濃厚な白濁豚骨をベースに赤辛味噌を合わせたヘビードロンジョ系味噌
なりよしの濃厚な豚骨スープの強い豚感、それに負けない味噌の風味も合わさった特濃系。
どっちも力強さがあり双方が主張し殴り合っている結果、バランスが取れているという感じw
辛さはほとんど感じない程度でかなり微弱、メニュー名の「から」の部分はいらないんじゃないかな。
おろし生姜が載っており、これを混ぜる事で爽やかさが出てきて重ったるさが多少軽減されます。
塩分濃度はやや高めだが許容範囲内で味噌系らしく良好、塩気の尖りは感じられませんね。

20160215-2.jpg

麺は低加水のストレート細麺、ハリのあるパッツン系でプツンと切れる感じの歯切れが特徴的な麺。
スープとの絡みは割と良好、麺の小麦感がしっかりとしているので細いが強いスープに負けてはいない。
ただ、やはりこのスープの感じだともう少し太めの麺の方が個人的には好みな感じかな。


具材は海苔、ワカメ、チャーシュー、ネギ、おろし生姜の構成、ビジュアル面は充分ですね。
海苔は長方形型が2枚でパリパリ感は弱め、食感は緩いが香りは良くスープの吸い込みも良い感じで悪くない。
ワカメはかなりクタになって物で食感はなく溶ける様な感じ、香りも味噌に負けてしまっているかな。
チャーシューは大き目のロースが1枚、柔らかさの中に適度な肉の弾力を感じられ噛むと旨味がしっかり出てくる。
味付けはプレーンな感じで肉自体の旨味を強く感じる系統、量的にも質的にも全く文句無し。
ネギは斜めに切って幅を出した長ネギで投入量は普通、ネギの食感と香りがしっかりと出ていて良好。
辛味はそこまで出ていないですが、鼻から抜ける香りが爽やかさを感じさせ薬味として機能している。
おろし生姜に関してはスープの項で述べた通り、重ったるさを取り除くのに一役買っており結構重要なヤツ。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的に苦はなかったが少し胃に来たので少しペースが落ちて10分少々で完食。
総評としては豚骨と味噌の両方が強力な特濃ヘビドロ系味噌、濃厚系好きな自分でも少し重く感じるタイプ。
重量級ボクサーが実力拮抗で殴り合って結果的に引き分け、という感じの豚骨と味噌の戦いが口内展開されましたw
前回の限定の胡麻味噌の方が胡麻のコクと円やかさのおかげで優しく食べやすく、個人的には好きだったかな。
ただ、500円という値段でこの濃度や具材のメニューを出して貰える事には感謝しかないですね。
マイスター限定も残り一店舗となりましたし佳境ですね。

採点的には75点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 味噌 なりよし 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する