2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉球新麺 通堂号:イベント限定 塩とんこつラーメン

 【17//2016】

訪問日:2/6
訪問時刻:16時15分頃
店内状況:先客なし
値段:500円
注文:口頭注文・先払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚
タレ:塩
提供時間:約5分

20160217.jpg

豚の旨味がしっかりと出た白濁背脂豚骨はコクと少しトロみがあるシャバ系。
背脂は細かめの粒が浮いているが量自体は並、脂に頼った物ではなく髄の旨味も濃い。
しっかりと豚を感じた後に優しく塩ダレの塩気がやってくる展開、出汁の恩恵もあり塩気は円やかで口当たりが良い。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは前途の通り全く感じられません。

20160217-2.jpg

麺は低加水の博多系ストレート細麺、硬めの茹で具合でパッツン感とプツンと切れる歯切れが良好。
スープとの絡みは非常に良好、まぁ豚骨にこの細麺の組み合わせで外れる事はほぼ無いですよね。
スープの味をしっかりと麺が吸い込み、それに負けない小麦の香りがしっかりと感じられてバランス良好。


具材はもやし、キクラゲ、チャーシュー、ネギの構成、数は多くないが値段を考えれば妥当でしょう。
もやしはボイルタイプでシャキシャキ感良好、水気でスープが薄まる影響も大きくなく相性の良い具材。
キクラゲは細長くコリコリ感強めの物、こちらも豚骨との相性に関しては今更述べる必要もなく。
チャーシューはロースが1枚、スープに沈んでいて見え難いですがサイズ的には充分かな。
脂身はほぼなく身の旨味が主体、しっとりとしていて硬くは無く、箸で軽く切れる感じ。
味付けは薄味でほぼプレーンに近い、スープ自体に脂分が充分にあるので肉自体の脂が少ないのは良いですね。
ネギは青で投入量は普通~やや多め、青味が彩りを与えてくれますし爽やかな香りも薬味として機能している。


麺量はおよそ100g程度ですかね、量的にはまったく苦も無く3分少々で完食。
総評としてはスタンダードな塩豚骨で真新しさは無いが、鉄板の構成で食べてて安心感がありますね。
野外のイベント出店用メニューとしては質量共に充分と言ったところで文句は無し。
当日は非常に寒かったので染みる美味さを感じたので、それが点数にも影響した。
温かいお店の中で食べていたら美味いけどよくある塩豚骨って感じで80点ぐらいだったかも。
ホッとする味という感じで身も心も温まりました。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 ラーメン 塩豚骨 通堂号 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する