2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉球チルダイ:期間限定 特製辣油のカラカラつけめん

 【03//2016】

訪問日:2/21
訪問時刻:18時50分頃
店内状況:先客3名
値段:900円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、野菜
タレ:
提供時間:約8分

20160303-4.jpg

20160303.jpg

鶏ガラ+野菜類の甘味の出たあっさりとした出汁をベースに辣油の辛味を効かせたシャバ系つけ汁。

20160303-3.jpg

野菜の旨味が前面に出ていて鶏出汁は動物系の旨味で野菜の旨味を支えて引き立たせる感じ。
辣油の辛味はピリっとやってくるが、白菜の甘味が上手く柔かくしてくれるので鋭くなりすぎていない。
昔ながらのあっさりとしたタンメンのイメージで作ったつけ汁との事で、雰囲気は確かにそれを感じますね。
分濃度はほんの少し高めな印象だが余裕の許容範囲内、気の尖りは感じられませんね。

20160303-2.jpg

麺は加水率高めの中太縮れ麺、ムチっとした弾力のある跳ね返りを感じる麺ですね。
つけ汁との相性は比較的良好、やや麺が強いが縮れが上手くスープを引っ張ってくれるのでバランス的には問題なし。


具材はつけ汁に白菜、ニラ、ウズラの玉子、麺の器に巨大な唐揚げの構成で非常にボリューミー。
白菜はほぼ抵抗なく歯が入る柔かさ、スープに甘味を引き出す為にじっくりと煮られてたんでしょうね。
シャバ系のつけ汁で表面にこれだけ見えているのを見れば投入量の多さは想像していただけるかと。
ニラはやや短めのカットの物で投入量は普通、香りと貴重な青味要員として視覚効果的にも○
ウズラの玉子は画像では見えませんが3個入っていました、鶏ガラ出汁と唐揚げとのコンビ感を重視した起用で美味し。
唐揚げは1個の大きさが充分なサイズ感の物が4個、揚げたての熱々で噛むと肉汁が出てきてジューシー。
単体で食べても美味しいですし、つけ汁に浸して少し辛味を感じさせる食べ方でもどっちでも美味い。


麺量はおよそ280g程度ですかね、大盛無料だったので頼んだら予想以上に麺量があって10分程時間を掛けて完食。
総評としては鶏と野菜を味わって欲しいというスープと具材から明確なコンセプトを感じる一杯。
個人的にはシャバつけとは相性はそこまで良くないのですが、今回のはこの系統にしてはフィットしました。
肉も野菜も大ボリュームで摂取出来るが、スープが軽いので量は結構あったが食べれましたね。
脂の重さが関係ない単純な量の重さで腹に溜まったなーと感じたのは久しぶりだったかもw
辛さと唐揚げでカラカラというネームもバッチリでメニュー名から味の構成まで非常に纏まりを感じました。
次回は具材にハラミを使った豚骨魚介系の予定との事で楽しみです。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 つけ麺 チルダイ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する