2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

和風らーめん はるや:期間限定 味噌麻婆麺

 【05//2016】

訪問日:2/25
訪問時刻:11時30分頃
店内状況:先客なし
値段:750円+60円(小ライス)
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:昆布、魚介、豚
タレ:味噌
提供時間:約7分

20160305-4.jpg


※基本は前回食べた醤油版の麻婆麺を参照


20160305.jpg

前回の物と似た構成と思われるが、味噌の風味があるので出汁感が少し分かりづらい。
比較的あっさりとしたシャバ系で挽肉の豚の旨味が出たスープ、椎茸は前回と違って感じなかった。
辛さは舌にピリっと来るが、抜けが比較的速い即効性タイプなので爽やかな辛さですね。
辣油の辛味に山椒系の痺れの効いた本格派、前回よりも更にブラッシュアップされている印象。
味噌感は感じられるが麻婆を消す事はなく、両者とも良い具合にバランスの取れた主張で調和している。
塩分濃度は味噌系らしくやや高めだが許容範囲内で良好、塩気の尖りは感じられません。

20160305-3.jpg

麺は中加水~やや高めぐらいの中細ストレート麺、しっかりとしたコシを感じられる麺ですね。
スープとの絡みは良好、味噌が入った事で醤油Verよりもスープ粘度が少し上がった事で絡みが良くなっている。
前回に絡みがもう少しあれば更に良しと書いたんですが、凄く良い感じになってて流石です。


具材は味玉、もやし、麻婆豆腐、ニラの構成、ビジュアル不足感は皆無。
味玉はマイスターカードのサービス、トロトロの黄身と薄味ながら醤油の香りが感じられ美味し。
もやしは前回はなかったですが、味噌を使ったので相性を考慮して投入されたんでしょうね。
味噌との相性に関しては当然ながら文句無し、味噌だともやしがあるとやはり嬉しいですね。
麻婆豆腐前途の通りシビカラの効いた本格派、硬めの木綿豆腐もしくは島豆腐を使用しており崩れは無し。
挽肉も多めに使われていて肉好きも大満足、餡も強すぎず弱すぎず少しトロっとした感じが残っていて◎。
餡が強すぎるとスープと混ざらないですし、弱すぎると逆に混ざりすぎて麻婆豆腐感がなくなるので絶妙なバランス。
ニラはビジュアル面での青味の提供と独特の香りが鼻から抜けて爽やかさを演出し効果的に機能。


麺量はおよそ150g程度ですかね、非常に好みなタイプで箸が進んで5分少々で麺を完食。
次も予定していたので非常に迷ったのですが、誘惑に完全に負けてしまい小ライスを注文。

20160305-2.jpg

残った麻婆豆腐とスープをご飯と合わせてのセルフ麻婆飯を実行、言うまでもなく最高でしたw
総評としては以前の醤油Verの麻婆麺に変化と改良を加えたハイブリッドな一杯。
麻婆豆腐と味噌のどちらも引き立て、麺との絡みや具材の相性等も考慮しての組み立てが凄かった。
前回食べた時に理想形に近い麻婆麺と述べましたが、もうこれが理想と言って問題ないレベルになってます。
麻婆麺のポテンシャルを高く評価している当方としては、このレベルの物が食べれるのは感激でございます。
他にもメニューが豊富なはるやでレギュラーメニュー化を望むのは手間を考えても難しいのは分かっていますが
それでもレギュラー化して欲しいという気持ちになるぐらいの一杯です。
今月の29の日も既に試作されているみたいなので楽しみですね。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 味噌 はるや 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。