2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺や偶 もとなり:わったー那覇めし限定 黒糖しょうゆつけ麺

 【24//2016】

訪問日:3/12
訪問時刻:18時30分頃
ブース状況:並びなし
値段:800円
注文:チケット制
形態:限定メニュー
ベース:鶏、豚
タレ:醤油
提供時間:約4分

20160323-3.jpg

20160323.jpg

魚介は感じなかったので鶏豚清湯ベースかな、黒糖由来の優しい甘さが効いた甘塩っぱシャバ系つけ汁。

20160323-2.jpg

黒糖独特のコクのある甘味で白砂糖とは少し違った印象の甘さの効き方、醤油との相性もとても良い感じ。
香りは醤油のふくよかな香り以外に大量に投入されている揚げネギのネギの香りも感じられます。
カットレモンの酸味はそこまで出てはおらず、甘辛酸の印象は甘>酸に辛さ無しという感じか。
甘さはしつこくは無いので甘ったるい印象は無し、対比となる醤油の塩気を上手く引き立たせている。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは甘味の恩恵もあり感じられませんね。
麺は多加水の中太ストレート麺、多加水らしい滑らかさのあるツルモチ感が特徴的な麺ですね。
つけ汁との絡みは良好、シャバ系のつけ汁に対して麺が太い印象もあったが油の補助もありバランスは良好。


具材は玉子、海苔、揚げ玉ネギ、チャーシュー、ネギの構成、イベント系メニューにしては豊富な内容。
玉子は黄身がしっかりと固まった完熟タイプ、個人的には半熟が好みなので少し惜しいかな。
完熟タイプは黄身で口内が乾くのが嫌なので、つけ汁に浸して食べた事もあり単体の味付けはよく分からなかった。
海苔は大きめの正方形タイプが1枚でパリパリ感良好、スープの吸い込みも良いが繊維は崩れない強度もあり。
醤油の香りと海苔の香りがしっかりと鼻から抜けていき相性はとても良いですね。
揚げ玉ネギは少しカリっとした仕上がり、単体で甘味がありつけ汁と合わせると甘味が強くなる。
つけ汁の甘さと玉ネギの甘さの喧嘩が怖かったですが、野菜からの甘味なので嫌味っぽくなっていない。
チャーシューはロースが1枚、冷え冷えになっているのでつけ汁に浸してリカバリー
つけ汁に浸した事もあるのかパサ付き皆無でしっとりしている、適度に肉の繊維質や弾力を感じるが柔らかい。
味付けは比較的プレーンで肉自体の旨味を味わえるタイプ、厚みも大きさもあるので量的にも充分かな。
ネギは青で投入量多め、ネギの繊維のシャキシャキ感と香りがしっかりと感じられて薬味として機能している。


麺量はおよそ150g程度ですかね、量的には特に苦もなく5分程度で完食。
総評としては全体的に甘めに仕上がった一杯、甘さで対比の醤油を目立たせて味わわせる作りですね。
醤油の角が甘味の恩恵でなくなっているので、醤油自体の旨味や香りをじっくりと舌で転がして楽しめる。
これ以上甘くなるとクドくなるなというギリギリを攻めていて、上手く出来ているなという印象。
好評の割に点数の伸びがイマイチなのは味自体よりも値段に関連してですね。
この手の野外イベントの一杯で800円というのはどうしても高いという印象が出てしまいますね。
出展料だとかの関連もあるので安くしろとは当然言えないですが、客側としてはイベント物はワンコインがベスト。
具材を削っても値段を落として貰って、色んな店を回って楽しめた方がお得感はあるでしょうからね。
ラーメンとしての完成度は高いですがCPを含めると評価はこの辺りですかね。

採点的には80点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: イベント系

Tags : 沖縄 イベント つけ麺 醤油 もとなり 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。