2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

麺や偶 もとなり 牧港店:秋季限定麺 黒味噌タンメン

 【16//2014】

レギュラーメニューは全消費したこちらへ
今回は秋季限定でタンメンが提供されるとの事で訪問。
グループ店の麺や偶 もとなり 久茂地店で提供されているタンメンを
改良進化させた一品との事で期待が膨らみます。
ちなみに久茂地店のタンメンは一杯で一日に必要な野菜が摂れる!
っていうのを売りにしていて、こちらもその方針は引き継いでいるよう。
券売機にて表題の食券を購入し空いているカウンター席に着席。
刻みニンニクと刻み生姜のどちらを載せるかが選べるとの事でニンニクを選択。


通常のタンメンだと肉無しで不満が残る事があるんですが、肉ありが用意されてて感謝感激。
通常が750円で肉あり850円とまぁ妥当な値段か、当然ながら肉ありの方を購入しています。
そんなこんなで7分程で目の前に到着、黒味噌の名に恥じぬ真っ黒なスープが面白いですね。

20141216.jpg

それではいつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます。
土台は豚骨なんでしょうが存在感は小さめ、味噌もほんのり程度でイカ墨とイカの身の影響でイカ感が凄いw
イカ墨汁にかなり近い感じですね、イカ墨の独特の匂いとイカ自身の匂いが混ざった匂いといった感じ。
通常のイカ墨汁はもう少し匂いがキツくて個人的にはあまり好きじゃないんですが、これは匂いはかなり抑え目ですね。
豚骨や味噌の様な匂いや風味の強いものが混ざっているからですかね、この程度の匂いなら俺でも余裕でイケる。
塩分濃度はほんの少し高めですが野菜の多いタンメンと考えれば余裕の適正値、塩気の尖りは皆無で円やか。

20141216-2.jpg

麺は通常のラーメンとは違った平打ち気味のストレート太麺、しっかりとしたコシの強さを感じる麺ですね。
スープとの絡みは良好、独特のクセのある香りのスープに負けずに小麦感が出ていて良いバランスですね。


具材はキャベツ、ニンジン、ピーマン、ニラの野菜類にシメジ、エノキの茸類、イカとチャーシュー、ニンニクの構成。
各具材とも中華鍋で適度に火を通してスープと馴染ませる様な調理をしていましたね。
キャベツはシャキシャキ、ニンジンとピーマンは噛み応えのある硬さ、茸類は香りと出汁がよく出ていますね。
イカは弾力がありしっかりと噛む事でイカの旨味が出ます、イカ墨の混ざったスープとの相性は当然ながら抜群。
チャーシューは脂身3割程度のバラロールが1枚、非常に柔らかく味付けも薄めで結構好みなタイプ。
刻んだ生ニンニクは辛味と香りがたっぷりで、スープや具材と混ざる事でワイルドさを醸し出します。
普通のタンメンは大人しい作りで終盤やや飽きる事があるんですが、ニンニクのワイルドさのお陰で飽きが来ませんね。
この一杯で一日に必要な350gの野菜が取れるとの宣伝通り、たっぷりの野菜で野菜不足の自分にはありがたい。


麺量はおよそ200g程度ですかね、野菜類も含めて合計500gオーバーのボリュームで完食に10分程掛かりました。
総評としてはタンメンながらイカと味噌の影響で比較的重めな作り、あっさり系の多いタンメンとしては異色の一品。
個人的には好きなんだけど普通のタンメン好きの人は敬遠する人もいそうな感じやね。
これだけのボリューム感で850円ならCP的にも良い感じだし、トータルで高く評価出来ますね。
ラーメンに健康に良いとかそういうのは求めてないけど、まぁ手軽に野菜が摂れるってのは悪くない。
今後も定期的に限定を出してくれると嬉しいですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 味噌 もとなり 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する