2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

池袋大勝軒 宜野湾店:期間限定 復刻版タンメン

 【13//2016】

訪問日:4/1
訪問時刻:11時40分頃
店内状況:先客4名
値段:700円
注文:食券制
形態:限定メニュー
ベース:豚、節
タレ:塩
提供時間:約7分

20160413.jpg

乳化度高めの白濁豚骨をベースにした少しトロみのあるタンメン。
節煮干の魚介感と野菜の甘味が加わる事で、豚骨のこってり感がカバーされていて見た目よりは軽めの仕上がり。
豚骨は豚臭さは取り除かれておりクリーミー、先日食べたクサウマ系とは構成は似てるが方向性が違う。
塩分濃度はやや高めながらも許容範囲内で良好、塩気の尖りは全く感じられません。

20160413-2.jpg

麺は加水率高めの中太ストレート麺、適度なモチ感とコシが感じられる麺で美味い。
スープとの絡みは良好、スープの引っ張りが良く小麦の香りも強く非常に良いですね。


具材はナルトと野菜類にネギというシンプルなタンメン構成、ビジュアル不足感は感じないですね。
ナルトはムニっとした弾力強めの物が2個、見た目と甘味が箸休めとして機能しており多機能な仕事ぶり。
野菜はもやし、キャベツ、人参、キクラゲ、豚肉、ニラと種類は豊富。
各々の具材の食感を残した非常に良い炒め具合、スープとの馴染みも良く噛み合っている。
もやしとキャベツのシャキシャキ感、人参の少し硬めのコリコリ感、キクラゲのブヨンと跳ね返る感じの弾力。
豚肉からは脂身の甘味と肉自体の旨味、ニラの青っぽい香りとそれぞれの個性がしっかりと発揮されている。
ネギは輪切りの白で投入量多め、食感・香りが鼻腔を抜けて味に締まりを与えてくれて薬味として機能。


麺量はおよそ180g程度ですかね、野菜の量も結構あるので案外ボリューミーで10分程時間を掛けて完食。
総評としては乳化豚骨をベースにした比較的こってり寄りのタンメンではあるが、節と野菜の恩恵でそこまで重くない。
清湯ベースのアッサリ系のタンメンよりは個人的には白湯ベースの方が好きなので、見事にツボる作りでした。
ここの凄い所は限定で色んなメニューを作っていますが、ちゃんと大勝軒の味が出る所なんですよね。
今回のタンメンも大勝軒の味に仕上がっていて、スープなりタレなりに秘密があるんでしょうが凄いなぁと。
今回の一杯は山岸氏の一周忌という事で、昭和の大勝軒の味を再現するという事で復刻版となっていますしね。
メニュー名に相応しい大勝軒のタンメンだったと思います。

採点的には95点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:宜野湾市

Tags : 沖縄 宜野湾 ラーメン 塩豚骨 大勝軒 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。