2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

琉球拉麺 スパイシーカレー teianda:数量限定 あぐー豚骨醤油拉麺

 【29//2016】

20160429-7.jpg

20160429-2.jpg

20160429-3.jpg

20160429-4.jpg

20160429-5.jpg


訪問日:4/20
訪問時刻:13時40分頃
店内状況:先客2人
値段:900円
注文:口頭注文・後払い制
形態:通常メニュー(数量限定)
ベース:豚、節
タレ:醤油
提供時間:約7分

20160429.jpg

和風らーめん はるやからの連食訪問となります。
非乳化に近い微乳化豚骨をベースにしたシャバ系豚骨醤油
豚骨のこってり感や醤油のキレが効いているという一般的な豚骨醤油のイメージとは全く違うタイプ。
表層の油分は多く見えるが乳化度が高くない為か比較的アッサリ目の仕上がりで揚げネギの香りも効いている。
柚子皮も投入されているので、柑橘系の爽やかな香りも時折入ってきて香りの変化に富んでいる。
醤油は非常に円やかな塩気で香りの主張も緩やか、柔らかい印象で出汁の陰に隠れる黒子役。
塩分濃度は適正値で良い塩梅、塩気の尖りは感じられませんね。

20160429-6.jpg

麺は多加水の中細ストレート麺、多加水麺らしい滑らかさと適度なコシを感じられる麺ですね。
スープとの絡みは良好、香りの主張の強いスープと麺の小麦感とのバランスが取れている。


具材は玉子、海苔、三枚肉、ネギ、糸唐辛子の構成、ほんの少しビジュアル不足感を感じる。
玉子は海苔の下に隠れていて画像では見えませんが、卵黄だけを使った漬けタイプ。
玉子を冷凍して黄身だけを取り出して出汁醤油などに漬けて作るヤツですね。
味付けは薄めで良い塩梅、黄身のコクをダイレクトに感じられてなかなか面白い。
海苔は正方形タイプが2枚、スープをグングン吸い込んでいくタイプですぐにフニャっとなりますね。
スープを吸って溶ける様に海苔の味と香りが広がる、個人的にはもう少し繊維が硬い方が好みだが悪くない。
チャーシュー代わりには三枚肉が2枚、少し甘めの味付けで沖縄そば感のあるトッピングですね。
脂身のトロトロ感と箸で簡単に切れる身の柔らかさ、2枚入っているので量も質も充分ですね。
ネギは輪切りと白髪の2種類、輪切りはネギの香りがしっかりと広がりますね。
白髪の方はビジュアル面での配置効果と強めの食感が特徴的、それぞれの個性が活きている。
糸唐辛子はあくまでも飾りですね、単体でも辛さは感じない程度ですね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二軒目ですが特に苦はなく8分程度で完食。
総評としては豚骨醤油ではあるが、一般的なイメージの豚骨醤油とは一線を画す一杯。
ラーメン的な豚骨醤油ではなく、沖縄そば的なテイストを含んだ豚骨醤油と言う感じでしょうか。
大元のお店が沖縄そば店という事もあり、そういうテイストの出し方は上手いなという印象。
個人的にはもっとラーメンっぽさが強くても良かったんですが、これはこれで悪くないですね。
店内がかなり洒落た空間となっており、個人的には少し入り難いのが難点ですかねw
他にもメニューがまだまだあるので機会があれば寄りたいですね。

採点的には85点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 豚骨醤油 teianda 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する