2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

琉球チルダイ:期間限定 背脂チリトマトまぜそば

 【15//2016】

訪問日:5/8
訪問時刻:15時10分頃
店内状況:先客1名
値段:800円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:煮干、豚、トマト
タレ:
提供時間:約8分

20160514-2.jpg

20160514.jpg

底に溜まったタレは煮干のダレで、これにサルサソース風のチリトマトと背脂が混ざった複合的な味わい。
味のメインはトマトで大きくゴロゴロとした背脂が動物系の旨味をアシストしてくる。
煮干のダレはそこまで主張が強くないので、トマトと背脂に隠れている。
チリトマトの辛味はそこまで強い物ではなく、舌に軽くピリピリと乗ってくる程度。
背脂が量があるので重そうな印象もあるが、チリトマトのおかげで重さを感じ難いので重すぎる感じはない。
おろしニンニクも入っていてパンチも効いており、見た目よりもジャンク度は高いかな。
分濃度はやや高めな印象だが許容範囲内で良好、気の尖りは特に感じられません。

20160514-3.jpg

麺は加水率やや高めの中太ストレート麺、モチっとした弾力が強めな麺ですね。
タレとの絡みは良好、麺にしっかりと纏わり付いてきてタレの旨味と麺の小麦のバランス良好。


具材は味玉、ひもかわ麺、鶏チャーシュー、クルトン、水菜、おろしニンニクの構成でビジュアル不足は皆無。
味玉は黄身が軽くトロる程度の半熟具合、味付け薄めでほんのり醤油の香りが抜けてくる感じで美味。
ひもかわ麺は凪のアレとよく似た物で、強いモチモチ感を感じられ個人的にはかなり好きですね。
鶏チャーシューは低温のモモ肉かな、下味程度の軽い気で鶏肉自体の旨味が強く感じられるタイプ。
適度な肉の繊維は感じるがパサ付きはなし、麺とタレとの相性も良いですね。
クルトンは序盤に口に入るとカリカリ感があり、終盤は水気を吸って柔らかくなっていて違いを楽しめる。
水菜はシャキシャキの強い食感が心地良い、軽い青味もトマトとの相性が良くて噛み合っている。
視覚面でも唯一の青味要員として彩りを加える事に貢献、なかなか重要な仕事っぷり。
おろしニンニクは前途の通り、ニンニク独特の刺激や香りでパンチを加えるのに貢献している。
麺をある程度食べ進めた所で卓上にある煮干酢を垂らす、煮干の風味がほんのりと感じられる物ですね。
酸味が加わる事でスッキリとした印象を与えてくれ、背脂起因の脂っぽさも一気に消えていくので効果大。


麺量はおよそ280g程度ですかね、一軒目なので特に苦もなく10分程度で完食。
総評としては大ぶりな背脂の動物系の重量感を上手くチリトマトの辛味や瑞々しい甘酸っぱさで抑え込んだ一杯。
チリトマトがなければ背脂とニンニクのダブルパンチでジャンク度が途轍もなく高い一杯に仕上がっていたと思うが
チリトマトがあるおかげでジャンク感が適度に抑えられていて、メニュー名通りのチリトマト様々な仕上がり。
卓上の煮干酢のリフレッシュ効果も高く、味変まで含めての組み立てが素敵でした。
来週は熊本支援の為の熊本ラーメンを提供との事で楽しみです。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 汁なし チルダイ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。