2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

琉家:2014年10月限定麺 牛骨ラーメン

 【21//2014】

※12時の投稿は過去に訪問した店舗や、限定などをアップしようと思います。

10月限定メニューの消費と新店開発の為にこちらに訪問。
なかなか那覇まで来る事はないのですが、貴重な牛骨が食べれるという事で
提供最終日という事で逃したら次はないので下見がてら10時頃に到着。
まぁ待つ文化のない沖縄でシャッター待ちは当然いなかったので近場で時間潰し。
開店5分前の11時25分に到着し店舗入り口付近の椅子にて座って待ちます。
そして時間通りに開店、時間にルーズな沖縄では時間通り開店しない店もあるので○
店内は意外と広めな作りでカウンター、テーブル、座席が揃っています。
カウンター席の一番端に着席し、限定を口頭注文致します。


店主さんが作業しながらランチタイムのサービスのミニカレーはいかがですか?と仰ったのでいただく事に。
量は少ないのでという事でしたが実際にティーカップの受け皿サイズの皿に盛られてて確かに少量。
これならラーメンだけでお腹一杯になるという人でも問題なく食べれそうなサイズですね。

20141121-3.jpg


サラサラとしたルゥは重さを感じさせず、あっさりとしておりタンは柔らかく処理されています。
スパイスの刺激が心地良いが辛さは控えめで食べやすく、スパイスの食欲増進効果がありそう。
そしてカレーを食べ終わったぐらいに丁度ラーメンが完成し目の前に到着、おおよそ5分ぐらいでの提供ですね。

20141121-2.jpg


非常に美しく盛り付けされた一品は見た時点で当たりの予感、牛骨特有の香りが食欲をそそります。
いつも通り写真を撮影しいただきます、まずはスープから一口いただきます…


牛骨出汁の旨味と表面に浮いた油膜のオイリーさ、追従してカエシの塩気がやってくる構成。
豚骨や鶏ガラと全く違った独特な独特な味と香りを感じさせますが、出汁の旨味はしっかりと出ていて美味い。
油膜はそこそこの厚みがあって唇が軽くヌルっとしますし、香りも独特なので結構人を選びそうですね。
店主は独特の臭みがあると提供時に仰ってましたが、上手く処理されており臭くはなく良い香りに昇華させています。
塩分濃度は適正値で個人的に非常に好みな塩気、塩気の尖りも感じられず綺麗に丸められています。

20141121-4.jpg

麺は多加水の中太ストレート麺、基本で硬茹でという事前の言葉通りに表面のモッチリ感と適度な芯の硬さも残しており○
スープとの絡みも実に良い感じで口内での麺の味と香り、スープの旨味と塩気のバランスが良いですね。


具材は味玉、もやし、海苔、島人参のペースト、チャーシュー、飾りの糸唐辛子と薬味のネギの構成。
味玉は黄身がトロっとした半熟タイプで味付けは非常に薄い、塩気が弱いので黄身の甘みが引き立っていて素晴らしい。
もやしは適度なボイル具合でシャッキリとした食感を残しており臭みはなし、スープとの相性も良いですね。
海苔は正方形カットの物が1枚、湯気やスープの水気に負けずパリパリ感が残っており海苔の香りも強く◎
中央の黄色い島人参のペーストはスープに溶かすと人参の甘みが追加されますが、甘くなりすぎず良い具合で味変に貢献。
チャーシューは低温調理っぽい赤味が残ったロース、柔らかい仕上げも適度な肉の噛み応えもあり。
味付けは薄めでほぼプレーンな感じですが、ロースらしい肉を噛む楽しみと肉自体の旨みが噛む毎に出てきて◎
糸唐辛子は飾りとしての効果がほとんどではありますが、糸唐辛子としては以外と辛さが感じられて軽い刺激をくれます。
薬味のネギは白ネギの白部分と青部分の混合、白のシャッキリ感と辛味、青の香りとそれぞれの良さが引き立って機能性充分。
マー油もほんの少し垂らされておりコクを提供、ニンニクの香りの方はそこまで立たせてはいないですね。


麺を食べ終わった所でタイミング良く店主が細麺もオススメなんですよと持って来たので、スープに投入して馴染ませます。
細麺の方は加水率低めでパッツンとしたハリの強いタイプ、こちらもスープとの絡みは悪くないですね。
ただ個人的に多加水麺が好きなので最初の中太の方が好み、まぁどちらも美味しいのでほんの好みの差ですが。

20141121-5.jpg


提供された細麺自体は30g程度でそこまで量も多くないですが、最初のカレーも含め腹が予定より満ちてきました。
そこに最後にお口直しですとカキ氷まで登場、こちらもサービスで量自体はそこまで多くないのでペロリと平らげました。
シロップは蜜柑っぽい感じの爽やかな甘みでしたね、それにしてもこの店のサービス精神の良さは異常すぎる。

20141121-6.jpg


ラーメン頼んだだけなのにミニサイズのカレーとカキ氷、更にはミニ替え玉の細麺までサービスとはどうなってるんだw
客としては迷惑なんて事はなく最高で不満はないけど、ここまでサービスしてて利益大丈夫なのかが心配。

麺量自体は200g程度でしょうが具材やサービス分まで含むと確実に300g越えで大満足。
会話も適度に楽しみながら食べていたので完食するまでに掛かった時間は15分ぐらいですかね。
基本的に作業の邪魔になるので向こうから話し掛けて来ない限り、こちらから話し掛ける事はないのですが
店主がなかなか気さくな方で積極的に話掛けてくるので、こっちも気楽に会話を楽しむ事が出来ました。
ラーメンに油膜がしっかり張ってるが、それでも脂は半分ぐらいは捨てている事。
牛骨はゲンコツなんて比じゃないくらい脂が大量に出る(感覚的には3倍ぐらい)ので結構苦労した事。
毎朝近くにある製麺場で製麺して他のラーメン屋にも卸したりしている事。
来月やる牛骨の限定つけ麺は今回と違ってあえて臭みや脂感を残して、癖の強い振り切った作りにしようと考えている事。
こんな感じで色々と話が聞けてとても楽しかったです、来月のつけ麺の構想を話してる時の店主さんは実に楽しそうでした。
こんな感じで自分の仕事を心底楽しんでる人は良いモノを作ってくれるので、来月の訪問もまぁ確定ですわ。

総評としては高濃度な牛骨出汁の旨味が良く出ていながらも比較的一般客も食べやすいチューニングの一品。
来月の明らかに好みが分かれるだろうと公言する振り切った一品がどうなるかも実に楽しみですね。
お会計は850円でメニュー表に書かれた通りの値段、つまりラーメン以外のアレは全部サービスって事。
店主をサポートする女性の店員さんも自分が鞄を持っているのを見て、即座に荷物入れの籠を持ってきてくれますし。
食後のお口直しとして出してきたカキ氷の提供タイミング等、こちらも接客というサービスが抜群でしたし
正直文句の付け所が全くないんですよね、非常に気に入ったので来月の限定も確実にいただきたいと思います。

採点的には98点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : ラーメン 沖縄 那覇 牛骨 琉家 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する