2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

山勝角ふじ:ラーメン+味玉+小豚

 【19//2014】

今回は近くにある山勝角ふじについに行ってまいりました
角ふじと言えば二郎インスパイヤ系の中でもかなり知名度の高いお店ですね。
都内への遠征ばかりしていたので、しっかりと地元の評価もしていきたいと思います。
お店の中に入ると先客は中待ちで4人ほど、食券を購入して中待ち用の木製椅子に座ります。
最初はそこまで混んで無くて良かったーと思ったんですけどね…結局席に通されたのは15分後ぐらいでしたね。
回転率はあまり良くありませんでしたね…理由は最後に記載。


ちなみにお店に入って一番驚いたのがヤンキー風なリーゼントを携えた方が厨房にいらっしゃった事。
最初は少し驚きましたが非常に元気良く威勢の良い挨拶をされ
その後の接客も非常に客に気を使った丁寧な物だったので見た目とのギャップも含めて好感が持てました。
ラーメンの食券を助手の店員さんに渡し、お好み調整はどうしましょうか?と言われました。
こちらは麺の固さ、脂の多さ、味の濃さ、野菜と玉ねぎの量は食券提示時にコールをするようです
そしてニンニクのみ出来上がり前にコールが入ります。
私は基本大食いですが初めての挑戦になるので残したら失礼かと思い、麺固め以外は全て普通のコールで。

20141219-2_20141218235453812.jpg

野菜の量は普通だとそこまでの威圧感はありませんね、予想よりも小さめな山です。
まずはスープを一口…意外とあっさりした下地のスープ、豚骨の風味はあまり感じず。
カエシは強めで醤油の風味と塩分を強めに感じますが、スープに浮いた背脂効果なのかきつ過ぎにはなっていない。
麺をスープの下から引っ張り出すと超極太の縮れ麺が登場、これは今まで食べた中でも一、二を争うインパクト。
麺を啜るって食すとかなりの歯ごたえ、モチモチ感はありませんが凄い弾力です。
太めの麺の場合スープが弱いと絡みも悪くなりますが、背脂コッテリ濃い目のスープでしっかりと麺に絡んできます。


野菜はボイルしたモヤシとキャベツで割合は8:2と言った所でしょうか
モヤシの割合は多いですが食感を残した良い湯で加減。
最初はスープが少し濃い目だと思っていましたがボイルした野菜がスープを薄めるので
結果的に少し濃い目が良いんだなと実感しました、食べていく内に丁度良い濃さに変わっていました。
豚は沖縄そば等でもよく使われる三枚肉、いわゆる脂身が多目の部位の肉が使われていました。
味付けはスープとは違い薄めで肉らしい味付け、脂身は多目でしたが非常に美味しく頂けました。
全体的にバランスが取れているラーメンだと思いました、ご馳走様でした。
店を出る時には店長及び助手さんの元気な挨拶も聞こえましたし、味だけでなく接客も非常に良かったです。
こうなると本家二郎がどんな味なのかも気になってきてしまいました…


ちなみに回転が悪いのは極太縮れ麺の湯で時間が掛かる事と
基本普通のラーメン屋よりも量が多いので食べるのに時間が掛かるの二点のせいだと分かりました。
更に女性に子供にお年寄りと食事の遅めな方々もいらしていて、それを急かす空気もお店には無いからでしょう。
これが噂に聞く二郎だったら凄い空気になっているんでしょうね、客を選ばず来たら丁寧にもてなしているのは好感。
お店の方のオペレーションは実にテキパキしていて無駄はありませんでした
お店の方に非の無い場合の回転率の遅さは仕方ないと思うのでイライラもしませんでした。
地元の店なので長く続く様に今後も利用していきたいと思います。

採点的には82点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 ラーメン 豚骨醤油 山勝 角ふじ 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する