2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

東池袋大勝軒:もりそば

 【21//2014】

つけ麺の元祖といえばこちら、大勝軒系のお店には数多く行ってきたが本店は初めてです。
つけ麺の元祖と言う事なので勿論注文はもりそばとなります。
12時頃にお店に着くと長くは無いですが既に行列が出来上がっていました
食券を購入してくださいとの店員さんの呼びかけで食券を購入し最後尾に戻ります。
券売機近くの自動販売機側に普段は山岸御大が座られているとの事前情報でしたが
私が訪問した時にはいらっしゃいませんでしたね…残念。
10分程でお店の中に通されました、カウンターは既に埋まっていた為か一人でしたが相席に。
お店に入ると水が出てこない…よく見るとセルフサービスとなっていました。
店員さんは厨房に要らないほど居る様に見えるのに水はセルフサービスなんですね、不思議な感じです。
5分程席で待っていると注文の品が到着、うーむ見るからに古風な感じのつけ麺ですね。

20141221-3.jpg

写真を撮影して(やっぱり相席者から視線が来ました)実食です!
スープを一口…うーん、本当に昔ながらって感じのつけ汁ですね
最近定番化してきたWスープのダシの強さ的なものは感じない、ダシよりもタレの味が強く砂糖の甘みも強い。
麺は中細のストレート麺で以前よりも改良で細くなったそうですが
見た目は普通の家庭用スパゲッティの麺とあまり大差は無いように感じます。
麺を齧るとよく言われている様にコシが弱めな麺、モチモチ感と言うよりも少しブヨブヨした感じですね。
スープに麺を浸けて頂きます、スープ自体が弱めなのでこの麺で合っている感じがしますね。
これで麺が固いと麺の存在感が立ってしまい絡みが悪く感じるかもしれません
そういう意味ではこの麺の柔らかさも計算済みなのかな?絡み的にはアリ。


スープの中の具材は海苔、メンマ、ナルト、チャーシュー、玉子となっています。
海苔は小さくてショボイ、ナルトは特筆する所は特に無し。
玉子は味付けではなくゆで卵の半身しかも完熟ですね、個人的には半熟味玉が好きなのでこちらも微妙。
メンマも細めでフニャフニャしていて存在感が弱い、チャーシューはでかくてお得な気分になるが少し固い。
褒めれる点は麺とスープの絡み、チャーシュー、麺量のコストパフォーマンスですかね
発祥のお店としてはもうちょっと頑張って欲しかったかな。


時代の流れで元祖のつけ麺に物足りなさを感じるのは致し方ないと思います
当時の事を考慮するとこの量でこの味なら人気が出るのも分かる気はします。
ただやはり物足りないのも確かでスープに関しては伝統を重んじてこの系統で続けているのは分かるのですが
具材に関してはもうちょっと頑張って欲しかったですね。
ただこちらのお店が始祖となり現在のつけ麺というジャンルを確立した事は確かな事なので
それに敬意を評して味だけなら65点の所を+5点分加味させて頂こうと思います、非常に時代を感じる一杯でした。

採点的には70点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:豊島区

Tags : 東京 豊島区 つけ麺 醤油 東池袋大勝軒 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する