2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

麺屋 シロサキ:期間限定 煮干豚骨醤油らーめん

 【05//2016】

訪問日:8/21
訪問時刻:13時50分頃
店内状況:先客2名
値段:780円
注文:口頭注文・後払い制
形態:限定メニュー
ベース:豚、煮干
タレ:醤油
提供時間:約6分

20161105-3.jpg

20161105.jpg

ベースの豚骨は先ほどと同じくトロみのあるタイプ、大量の鰹節からの節の香りと煮干の魚介系の旨味が追従してくる。
豚骨の旨味の合間から顔を覗かせる煮干は主張は強くなく、フワッと存在感を感じさせる作り。
節煮干の魚介感の恩恵があるので、こちらも豚骨のこってり感や重みが上手く軽減されている。
塩分濃度はやや高めな印象も許容範囲内で良好、塩気の尖りも特に感じられませんね。

20161105-2.jpg

麺は先ほどと同じ少しウェーブの入った中太麺、スープとの絡みも良好ですね。


具材は半玉、海苔、キクラゲ、水菜、チャーシュー、鰹節、ネギの構成でビジュアル不足感はなし。
鰹節以外の具材は前食の物にも乗っており、感想は概ね同じ物になるので割愛。
鰹節はスープを吸って香りと旨味を放出する事で魚の旨味の印象を強化する事に貢献。
口に入る鰹節の量によって魚介の強弱に変化が出るので、味変的な役割も果たしていて面白い。


麺量はおよそ150g程度ですかね、二食目ですが特に問題はなく7分程度で完食。
総評としては豚骨と魚介系のよくある組み合わせ、豚骨よりも節煮干がやや強めのあっさり寄りですね。
シロサキらしいチューニングの一杯で、どちらも過主張はせずに調和を重視したバランス構成でした。
店内連食を敢行したが両方共に満足行く一杯で、ここに来ると良い気分で帰らせてくれる期待を裏切りません。
秋の限定も試作を開始しているとの事で次の訪問が楽しみですね。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:読谷村

Tags : 沖縄 読谷

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。