2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

中華食堂ドラゴン 北谷店:天津ラーメン

 【25//2014】

安くてボリューミーなこちらに2度目の訪問にまいりました。
空いている席に適当に着席し、メニュー表を確認します。
メニュー表と睨めっこして表題メニューを口頭にて注文。
今回は限定に釣られずにレギュラーメニュー消費です。
こちらはメニューは大量にあるんですが、上に乗る具材が違うだけで
基本は醤油・塩・味噌の3種のスープの違いしかないんですよね。
当方の方針は明確な違いで一種類扱いなので意外と少ない訪問で終わりそう。
五目とかなら明確に違うって思えるので別途で試しますけどね。
注文理由は餡かけ状の天津が入るなら普通の醤油ラーメンとは違う扱いにする予定だったからです。
実際に5分程で目の前に到着したのは通常の醤油ラーメンの上に玉子焼きが乗った物、なので醤油ラーメン扱いですw

20141225.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープから一口いただきます…
ベースは鶏ガラを使用した清湯のあっさり系スープ、この系統のお店で良くあるタイプのシャバ系スープ。
濃厚な出汁感などはないですが、値段から考えるとベースとしての旨味はまぁ充分でしょう。
スープには揚げネギも入っているのですが、量が少ないのでほとんど香りは感じられず…
カエシは甘味少なめながら塩気も強くない円やかタイプ、カドがなく非常に丸まっていますね。
塩分濃度はほんの少し薄めながらも充分適正値、塩気の尖りも感じられず飲みやすいですね。

20141225-2.jpg

麺は加水率やや高めな感じの軽くウェーブの掛かった中細麺、やや柔めの茹で具合でモチ感が強めな印象。
スープとの絡みはまぁ普通かな、スープの塩気自体が強くないのでヤワで存在感の弱めな麺でも良いぐらいですね。


具材は中央に頓挫する玉子焼き単体のみ、良くも悪くもシンプルすぎる構成w
玉子はカニカマの切れ端で少し蟹の匂いがする一品、ネギも入っているがネギの香りはほぼ感じられず。
玉子焼きは完全に固形化したタイプ、個人的にはもう少し半熟の方が面白かった気もする。
味玉と違って同じ玉子なのに何故こうも麺と合わないんだろう、それぞれ独立して噛み合わない感じ。
味自体が悪い訳ではないので減点はないですが、相乗効果がないのでプラス加点もないんですよね。


麺量はおよそ150g程度ですかね、麺量自体は多くないですが今回も唐揚げ付きで内容的には充分で5分程で完食。
総評としては中華料理屋や古いラーメン店で出てくる王道の醤油ラーメン、特筆は無いが外れもしない感じですね。
安く量を食わせてくれる店でクオリティは並という印象があるので、特にガッカリ感とかもないんですけどね。
600円程度でラーメンと唐揚げが食えれば充分でしょうし、損した気はないのでOKですかね。
今回で醤油は消費したので次は塩を攻めてみましょうかね。

採点的には65点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:北谷町

Tags : 沖縄 北谷 ラーメン 醤油 ドラゴン 60点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する