2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

中華そば専門店 麺や 和楽:潮騒

 【05//2015】

特濃中華蕎麦 いわしで素晴らしい一杯をいただいた後に連食訪問。
こちらは6年前にレギュラーの中華そばを消費済み。
当時はなかったが出来ているので行ってまいりました。
店内には既に先客5となかなか盛況ですね、空いている席に着席。
メニュー表を確認しながら潮騒の大を口頭にて注文。
京都出身のご夫婦が京都弁で会話しながら、阿吽の呼吸で調理
役割分担もしっかりと出来ていて無駄のない動きですね。
注文から3分程で目の前に到着、小海老ちゃんの色が美しく目を引く一品ですね。

20150115.jpg

いつも通り写真を撮影しいただきます、まずはスープから一口いただきます。
鶏ガラ出汁をベースに細かい背脂とを合わせたシャバ系スープ、実に京都系っぽいスープです。
スープを飲んだ直後は京都ラーメンの典型的なスープのカエシの醤油がに変わったって感じではあるんですが
終盤にやってくる乾燥エビと柚子皮の香りや旨味で、少し違った印象を加える事に上手く成功しています。
エビと柚子のおかげか見た目よりも爽やかな印象を受けるので、こってりとして重いという印象は無いですね。
煮干しの粉末もスープに混ぜているようなので、それも爽やかさを引き立てるのに一役買ってるかも。
分濃度ははやや高めながらも切れ味良好で許容範囲内、気の尖りも軽く感じるがこちらも問題無し。

20150115-2.jpg

麺は加水率やや低めな感じで軽くウェーブの掛かった中細麺、コシと軽いボキ感のある少し硬めな印象が特徴的な麺。
麺にはモズクを混ぜ込んでいるとの事で、画像で見ると微妙ですが確かに色合いがほんのり緑っぽいです。
スープとの絡みはなかなか良好、細めの麺ながらも主張しっかりでスープに負けてないですね。


具材は海苔、ナルト、チャーシュー、乾燥海老、柚子皮、九条ネギの構成でなかなか豪勢。
海苔はスープに浸かっても崩れず強めの物、パリパリ感はそこまで強くないが海苔の香りは充分感じられる。
ナルトは2枚入っており特筆は無し、ただ切れ味良好な味に慣れた舌を独特の甘さで和らげる効果は充分。
チャーシューはバラで1枚ごとは薄いが4枚入っており量は充分、脂身2~3割程で非常に柔らかい仕上げ。
味付けは薄めで肉自身の身と脂の旨味を強く感じるタイプ、スープの塩気がしっかりしてるので味付けはベスト。
海老と柚子皮は単体での評価ではなく、麺を啜った時に一緒に口に入った時に鼻から抜ける香りでの貢献を評価。
エビの香りは魚介感を提供し、柚子皮は爽やかな清涼感とそれぞれ違った印象を与えてくれます。
九条ネギは他のネギとは繊維質の強さが桁違いで、しっかりとした繊維を歯ですり潰す事で香りが良く出ます。
辛味は青以上、白以下といった所か、辛味よりは香りの強さが優勢で鼻から抜ける爽やかな香りで〆る形で機能。
別途で注文した味玉はステンレス製の別皿(右上)で提供するスタイル、1個50円という安さは魅力的。
味玉は黄身に少しトロみが残るぐらいの半熟具合、味付け薄めでほんのり醤油の香りを感じて美味い。


麺量は250g行かないぐらいですかね、大きめの器に入っていて見た目の印象よりも量が多くて驚きました。
総評としては京都系の流れをしっかりと感じるが、独創的なエッセンスで個性がしっかり出た塩ラーメンですね。
背脂が入っていてあっさり淡麗系の塩とは全く別物だが、こってり濃厚系とも違う中間点にいる感じ。
トッピング類が基本50円の物が多くて追加しやすいCPの良さも評価対象、ヘタと味玉が特にオススメかな。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:浦添市

Tags : 沖縄 浦添 ラーメン 和楽 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する