2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

居酒屋小僧 じぇいや:あえそば

 【10//2015】

武蔵家 沖縄本店での一杯の後に訪問、さすがにこれで終わりやね。
こちらは基本は居酒屋なんですが、麺系メニューを提供しています。
店内に入りカウンターに案内されます、ラーメンだけの注文もOKとの事。
当方は酒を飲まないので、この確認の時が地味に緊張しましたね。
ラーメンと汁なしがあったので、ラーメン3連食はアレなので汁なしを選択。
店員さんは3名でホールは女性が担当、キッチンに男性二人の構成。
店長と思わしき人がメイン調理、まだ不慣れな感もある人が助手という感じか。
酒を飲んでる客がメインで優先なので、到着までのんびりと待ちます。

20150110.jpg

注文から7分程で目の前に到着、しっかりとタレと絡めてから提供なのもあって時間が掛かったようですね。
いつも通り写真を撮影していただきます、既に混ざっているので麺を一掴みして啜ります。
醤油タレの塩気と香りに魚粉主体の魚の旨味が麺と一緒にやってきますね、醤油は甘味が少なめな切れ味重視。
魚粉主体で出汁の味を出している感じなので単調な味わいではあるが、悪くはないかなという印象。
魚粉が醤油を吸い込んでベッタリと麺に張り付くので、ダマになりそうなぐらい粘度が出てますね。
塩分濃度は濃い目だが許容範囲内、基本的に居酒屋のメニューなので味が濃いのは想定内なので無問題。
麺は軽くウェーブが掛かった中細麺、中華麺っぽい適度なモチ感を感じるタイプ。
タレの濃い目の味付けにやや押され気味ではあるが、口内で感じる麺とタレのバランスはまぁまぁ良い感じ。


具材は茎ワカメ、牛肉、ネギの構成、ビジュアル的にはやや物足りなさを感じるか。
茎ワカメは個人的に大好物なので嬉しいですね、コリコリの独特の食感が非常に心地良いですね。
魚の旨味が出ているタレとの相性も非常に良く、これはかなりアリな感じですね。
牛肉は脂身の少ない細切りの物で噛む事で肉の旨味が出てくるタイプ、濃い目の味付けとも合ってるかな。
ネギは薬味としては濃い目の味付けに香りが隠れてしまうので機能性としてはイマイチかな。
色合いに関してもタレの影響が非常に強く出ているので、あまり色味の貢献度も高くない。
個人的には茶色い色が強く出た一品なので、白髪ネギを入れた方が色合いは良くなる印象がありますが。


麺量はおよそ120g程度ですかね、まぁツマミや〆を想定してのメニューでしょうから量的に物足りないのは仕方ない。
総評としてはラーメン屋のメニューではないが、居酒屋で出す麺メニューとしては充分なレベルと言う印象。
濃い目の味付けに関しても酒を飲んでる人は濃い目を好むらしいので需要にはマッチしてるでしょう。
普通のラーメン屋でこの味の濃さのメニューが出てきたら軽い減点対象ですが、場所を考えれば適切だし無問題。
夜中にしか空いてないので次の訪問がいつになる事やらですが、ラーメンも食べてみたいですね。

採点的には70点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:那覇市

Tags : 沖縄 那覇 ラーメン 醤油 じぇいや 70点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する