2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

Japanese Soba Noodles 蔦:味玉醤油そば

 【12//2015】

12/27所用の為に東京上陸、以前から狙っていたこちらへ。
本来は飛行機が14時半に到着予定で余裕で間に合う予定だったのに
遅れて15時過ぎの到着、荷物を受け取った時点で20分でギリギリ。
荷物をホテルに置いて行くつもりでしたが、そのまま直行しました。
お店に着いたのが50分で閉店ギリギリでしたが、まだ閉まってなくてセーフ。
並びも外待ち5人と少なくなっていたので最後尾にドッキング。
10分経たないぐらいで食券購入を案内され中待ちになりました。
とりあえず初めてなので基本として表題メニューを選択。
中待ちに変わってから5分程で空いた席に案内され着席、それから3分程で表題メニューが目の前に到着。

20150112.jpg

いつも通り写真を撮影していただきます、まずはスープを一口いただきます…
ベースは鶏主体で後から軽く魚介系が追いかけてくる出汁感、ただ鶏がほぼメインで魚介はサポートといった感じ。
鶏出汁の旨味と出汁に溶け込んだ醤油の塩気と香りがほぼ一緒にやってきて、最後に魚介感が軽く舌に残る展開。
スープの色はかなり黒っぽい感じですが塩気の主張はそれほど強くないですね、甘味もそこまで強くない中間型。
香りに関してはかなり強く醤油の良い香りが漂ってきます、色と香りの強い醤油といった印象を受けます。
塩分濃度は非常に良い塩梅で適正値、塩気の尖りなども感じられず見た目とは対照的に柔らかい印象。

20150112-2.jpg

麺はストレートの中細麺で多加水麺らしいのだが、多加水っぽくない独特のプッツリと切れるような食感が特徴的。
歯に当たって切れる感じは日本蕎麦っぽい印象、香りも良く全体的にラーメンよりも蕎麦っぽい印象を受ける麺ですね。
スープと麺の絡みは良いですね、スープの醤油の香りと麺の小麦の香りがどちらも強いですが喧嘩はしてませんね。


具材は味玉、メンマ、低温調理のピンク色のロースチャーシュー、九条ネギ、チャーシューの上の謎の物体の構成。
味玉は黄身が少しトロるぐらいの半熟具合、味付け薄めで黄身の甘味と醤油の風味が適度に染みていて美味。
メンマは太目の枕木タイプ、適度なコリコリ感と柔らかさのバランス良しで個人的にはかなり好きなタイプ。
チャーシューは赤味が美しく食欲をそそりますね、ローストビーフっぽく非常に柔らかく肉の旨味が詰まっていて美味い。
噛む毎に肉の旨味が舌に乗ってくる一品で、これは追加で頼んでおけば良かったなと思いましたね。
九条ネギは投入量は多くないですが繊維質なので噛む回数が多く、噛む毎にネギの香りが良く出て良いですね。
最初は少ないと思いましたが、あまりに投入量が多いと舌がネギに支配されてしまうのでこれで良い感じですね。
チャーシューの上に乗った謎のペースト状の物は単体で食べてみてもよく分からないんですよね。
粒マスタードの粒、つまりは辛子の種子っぽい感じなんだけど確証が全くないのでスルーしますw


麺量はおよそ150g程度ですかね、箸が進んで3分程度で完食し汁まで飲み干したくなるも自重。
総評としては醤油の良さが前面に出た一品、洗練された一品であっさり系ながらも飽きさせない力強さも感じる。
基本こってり系が好きな自分はあっさり系は途中で飽きる事があるんですが、そういう事もなく最後まで楽しめました。
定期的に変化を加えてるようなので、また次に食べた時には違う印象になっていそうな気もしますね。
次に機会があれば塩をいただきたいですね。

採点的には92点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:豊島区

Tags : 東京 豊島区 ラーメン 醤油 90点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する