2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

兎に角:燻玉つけ麺

 【15//2015】

前回の訪問で油そばが好評だった兎に角さんへ、つけ麺を食しに訪問。
小雨が降る少々悪天候だった事もあり、並びは5人程度ですぐにお店の中に入る事が出来ました。
並んでいる途中に燻玉つけ麺を注文し、5分程度待つとすぐに席が空きました。
店主の山田氏は麺の茹で揚げやスープの調整メインで助手さんがトッピングやサイドメニュー作成を行う役割分担。
特筆するべき点があるとすれば店主が一番愛想良く笑顔が良く見られる事か
逆に言えば店主の好印象に負けるお弟子さん方はもう少しといった所ですね。
決して助手さん方の接客が悪いと言う事では無いのであしからず
声は出ていますしテキパキと行動しているので不満はありません、ただもっと笑顔があれば文句無しですね。
席に着いてから7分ほどで注文の品が到着、見た目は豚骨魚介つけ麺でよく見られるビジュアルですね。

20150115-3.jpg

それではいざ実食!まずはスープを一口…
少し苦味を感じますが濃厚な魚介出汁が口の中に広がります、動物系は魚介とは違い抑え気味ですね。
塩分もつけ麺としてはデフォぐらいのもので丁度良い感じですね
酢や砂糖などの甘酸っぱさもあまり感じられず、ダシを重視した作りのつけ汁となっていますね。
麺は少々平打ち気味の太麺、こちらをつけ汁に浸して啜ります…
太麺ですが茹でムラもなくモチモチした食感が好印象、スープとの絡みも良く太麺好きの私にとっては文句無しですね。


海苔は特筆はありませんが普通に旨いです、燻玉はスモークの香りが口に入れて軽く感じられる上品な物ですね。
半熟具合も程良くスモークの香りが鼻につき過ぎる感もなく非常に良い品です。
チャーシューも燻製されていて、こちらも燻玉と同じく香りは強くなく上品です。
チャーシューには少し赤みが残っていてローストビーフみたいな色になっています。
箸で触るとホロホロと崩れるタイプではなく、肉らしい少し咬み応えを残した物ですが
硬くなりすぎずジューシーで旨い、個人的にはこういうのも好きです。
メンマは柔らかさよりも食感を重視したタイプで、コリコリしていてこちらも美味しい。


非常に美味であれよあれよという間に麺が無くなってしまいました。
こちらの訪問前に軽食を取っていて普通盛りにしたのですが、これなら大盛り注文でも良かったかな。
最後にスープ割を注文シンプルな魚介系ダシの割ですね。
前回の油そばではこのスープ割でのエグみが原因で少し得点を落としましたが今回はどうなるでしょうか。
うーむ、やっぱりエグみが出ていますね、これがこの店のスープ割のデフォだという事を理解しました。
この苦味の旨さが理解出来る様になるにはもう少し年齢が必要なんでしょうかね。
私にはまだ苦味から旨さを感じる事は出来ませんね。
スープ割自体が不味い訳では無く、普通にスープ割としては旨いと思います。
個人的に苦味がまだ旨いと思えないだけですので。
全部飲み干してごちそうさま、非常にクオリティの高い一杯でした。
このレベルの店が駅周辺にあるという松戸の秘められしラーメン屋の潜在能力の高さを感じられた。

採点的には87点!ですね、ご馳走様でした。

スポンサードリンク

Category: ラーメン:松戸市

Tags : 千葉 松戸 つけ麺 豚骨魚介 兎に角 80点台

Comments (0)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する